さてさてそのまま続けてキャリパーの掃除なんだけど
取り外す時にキャリパーのピストン出し忘れてさぁ!

結局無理やりひねり取るという力技に
DSCF0755
あれ・・・・GB250のときも同じことやって反省したような・・・
DSCF0754
ぎこぎこやって数十分・・・・ようやくとれた・・・
4POT異径対向ピストンの恐ろしさを思い知ったぜ・・・・
6POTとか狂気ですね
よい子はキャリパー外す前にピストン出しておこうぜっ!
それにしてもきちゃないので洗います。
DSCF0758
全体を中性洗剤入りのお湯で洗います。
まっくろ!
DSCF0756
ピストンは再利用するので
ピカールと金属ブラシでピストン磨きます。
DSCF0760
ピカピカ!
そうでもないか
DSCF0759
中にあるピストンシール(ゴム)を外します。
シールを外した後はブラシで溝の中を洗います。
DSCF0765
ピカールで磨いた後はこんな感じになります。
これが8個分・・・
DSCF0766
全部磨き終わったぜええ
ぴかぴか
DSCF0767
シールセット。
なんか数がいまいちわからなかったけど
DSCF0768
こんな感じで1穴分入ってる感じ
4つずつ買うのが正解
DSCF0770
新しいゴムをいれます。
フルード付けて入れます。新しいパーツは本当にいいね。
DSCF0772
洗ったピストンを埋め込んでいきます。
ちゃこっと入るね!
死ぬ思いして抜いたのが嘘みたいだ
DSCF0773
オイルラインの合わせ面のゴムパーツも交換しました。
DSCF0774
汚かったパットも洗浄洗浄
まだ溝はぜんぜんあったよ
DSCF0775
キャリパーを合わせます。
おおおお
綺麗になった
DSCF0776
パットピンも新品に交換
よく舐めちゃうところだしね。安いから交換です。
DSCF0777
パットも組み付けます。
DSCF0778
パットピンハンガー?カバーですね。これも新品交換です。舐めるから。
DSCF0779
キャリパー完成!

ってことで
DSCF0780
ブレーキが完成しましたぞーーー
ブレーキホースもめっしゅに。いいねー
さぁ組み付け前に次はクラッチだ。(疲弊)