R CastOff ~( ・ω・)~ 猫屋敷

バイクに乗ってまったりしているブログです。 更新はかなーり不定期ですけど、ごゆるりと。

2008年05月


2008/5 連休2日目
雨ですね。
天気予報をみると関東地方だけ雨が降ってる
他の地域は晴天
嫌がらせとしか思えない
雨でもやっちゃうぜヾ(*'-'*)ノシ
TS350372
アクスルシャフトです。
上がP型用(新品)
下がE型用(今まで付いてたやつ)
取り付けのネジ部分や厚みがある部分が違いますね。
P型のほうが短いですが後でカラーが入ります。
新品が光り輝いてる
TS350373
駐輪場の中まで雨が吹き込んできた!!!!
熱が出てきた!!!(ぇ
負けません!!!!
TS350374
昨日仕上げたキャリパー君
サポートとの接続部分もグリスアップしてます。
TS350375
TS350376
メーターギア比較
左:P型
右:E型
色しか違わないのは気のせいだろうか
今回はキャリパーの色にあわせてP型のを使います。
そっちのほうが状態もよいし
TS350378
ここもグリスを塗ります。
このグリスを全て使い切るのは何年後だろう・・・
TS350377
仮止めしていたホイールを外します。
この作業はだいぶ慣れてきましたよヾ(*'-'*)ノシ
TS350380
装着
雨まみれ
止むって言ってたのに。・゚・(ノД`)・゚・。
後はマスターシリンダーとの接続ですね
まずはぶら下げてた旧キャリパーからホースを抜きます。
TS350381
また使うことはあるのだろうか?
この初期型キャリパーが好きって人も結構多いようです。
TS350382
接続
そしていつもお世話になってる金魚用エアチューブをつけて
いよいよエア抜きへ(`・ω・´)
エアチューブが付いてるところのボルトを閉じた状態で
ブレーキを数回握ります。ボルト開くとエアーの混じった
フルードが出てくるのでマスターシリンダー内のフルードが無くならない様に
何回も繰り返します。
TS350383
P型の中古は事故か何かで削れてたので
マスターシリンダーはそのままE型のを使います。
TS350384
マスターシリンダーのダイヤフラム。これも変えたほうがいいのかも
ネジがさびまくってる(´・ω・`)
そうこうやっている間にエア抜き終了・・
あれ?
あっという間だった。
そういえばE型キャリパーから抜いたあとすぐP型キャリパーにつけたから
ホース内にエアーがあまり入らなかったようだ。
普段だと30分ぐらいしゅこしゅこやってるのに(*´・ω・)(・ω・`*)ネー
TS350385
蓋を閉めておわり。
TS350386
今までで一番長かった
手間も掛かったが足回りがしっかりした気がします。
個人的にはこの形が好きなのです。
やっぱり自己満足なんでしょうねw
TS350388
友達の家まで試走がてらお散歩
パットがなじんだ後は結構がっつり効いてくれます。
E型と比べて飛躍的にとは言いませんがちゃんとブレーキしてくれてます
何よりE型のディスクローターはもう新品で出てないみたいなので
今後も安心かな?
そしてこれを書いている現在
熱 37.5度
あ がっ て き た www


2008/5 連休初日
先日頼んだパーツが届きましたヾ(*'-'*)ノシ
TS350354
やっぱパーツリストと比べても値上がりしてますね。
20%ぐらい高かった・・・
今日は一気にやりたかったのですが外は生憎の雨
今日のところはキャリパーのOHをしましょう。
TS350355
まずは分解。
と思ったらパットピンが硬いこと硬いこと

ラチェットレンチに6角レンチを取り付けて力技でまわす
TS350356
外れた!
それにしてもきちゃない。
TS350357
パットも外れました。
汚れを取ったらNISSINの文字
TS350362
おそらく純正パットのままですね~
ちょっと減ってますがお金も尽きてるのでこのまま使います。
そのうちまた交換しよう。
・・・・
しまった
TS350358
ピストン外すの忘れてた。・゚・(ノД`)・゚・。
ピストンの外し方
1.パットを取った状態でブレーキレバーを何回も押して出す。
2.エアコンプレッサーの空圧で押し出す。
3.ペンチでねじりとる。
>1.マスターシリンダーと既に分離済みなので無理
>2.エアコンプレッサー?何その高級品
>3.傷がついたらピストン新品交換の罠。最後の手段だなぁ
しかもかなり固着していて硬い
しかし専門の道具もない
・・・
考えること数十分
TS350359
まぁ無理やりねじりとったわけですよ
残ってるフルードが流れてきたので外に移動
もう行き当たりばったり
ちゃんとウェス挟んだのでピストンに傷はつかなかった
よかった・・・
ピストン一個で1000円超えるもんね
TS350360
とはいえ汚れは酷い。若干さびもでてる。
パーツクリーナーとウェスで汚れをとったあと800番相当のヤスリスポンジで研磨する。
最後はピカールで根気よく磨きます。
TS350361
金属っぽくなりましたね。
若干汚れは残ってますが滑らかなので問題ないかな。
お金に余裕があればピストンも交換したいところ。
TS350363
キャリパー側も掃除
結構ごみみたいなのが入り込んでて汚かった
洗うと金属の色がでてきますね~
外側は相変わらず汚い・・・
TS350365
新品のオイルシール&ダストシール♪
消耗品でも新品ってわくわくしちゃいません?
入れるのは簡単。キャリパーの溝にちゃこっと入ります。
TS350364
ピストンもIN
TS350367
はしゃぎすぎて
シール入れてる写真取り忘れてた
こんな感じで入ります。奥のシールのほうが太いです。
TS350368
おー
綺麗に入っていた。
抜くときはあんなに大変だったのに
TS350369
パットピンの写真取り忘れましたが綺麗に磨きました。
ピストンが当たるパットの裏にグリスを塗ります。泣き防止
万能グリス 4年前に400円で買ったけど無くなる気配がない
TS350370
組み上げます。
汚いのは外側と中古のパットですね~
TS350371
あんまりにも汚いので表側だけ800番ペーパーで少し磨きました。
ちょっとは取れたかな?
染みみたいなのはまた今度取ろう。とりあえず今は組み立ての専念だ
ひとまずキャリパーのOHはおしまいです。
あとは車体に組み付けるだけなんですが・・・・・
エア抜きが待ってます。・゚・(ノД`)・゚・。

このページのトップヘ