R CastOff ~( ・ω・)~ 猫屋敷

バイクに乗ってまったりしているブログです。 更新はかなーり不定期ですけど、ごゆるりと。

2012年07月


2012/7/18
道内4日目(その3)
暑い
旭川はめっちゃ暑いね・・・なんでじゃ
渋滞ではなかったものの、水が飲みたくなってコンビニに寄る。

カーナビ様の画面が真っ暗に!
(音声だけがナビゲート)
ナビ様オーバーヒート!?( ゚д゚)

冷却冷却!
CIMG2396
しばらくタオルに巻いたペットボトルを当てた後、再起動して復活
あぶねえ・・・これも精密機械だからなぁ
幸か不幸か薄い雲が出てきて気温が下がってきた。
むぅ。晴れている美瑛もいいんだけどしかたがないね。
というわけで観光地へ。
CIMG2397
美瑛 四季彩の丘
東側の観光地は始めて来たけど。
CIMG2398
おお。なんかひろい。
CIMG2399
花がいっぱいだー(*´・ω・)
CIMG2402
ラベンダーも様々ってかでけえ!

これラベンダーなの?
CIMG2405
×トラクター
○高級観光バス
CIMG2406
グラデーションだねー
CIMG2408
おお。
こっちは知ってるラベンダー
CIMG2409
ひまわり様もいらっしゃったけど、なんだか元気ない感じ。
にしても多いだろ
CIMG2410
まだまだ咲いてない花がいっぱいあるみたい。
そりゃあシーズン中はずっと花がないとだめだもんね~
広大な花畑で野郎が一人写真とってましたよ。
さてさて
四季彩の丘もだいぶ混んできたので、次のスポットに行きましょう。
CIMG2411
美瑛東の道
こういったなだらかな丘を横目に走るのってすっごい気持ちいいよ
CIMG2413
フレームに収まり切らないね。
CIMG2414
美瑛の道は本当に複雑~
100%迷子になるので、地図やナビとにらめっこして肩をはろうとせずに
まったりのんびり
適当に走ることをおすすめします。
まぁポイントポイントで看板あるから、どっかには着く(ぇ
そうこうしてたら
CIMG2416
哲学の木到着

先生おひさしぶりです。
まだまだ悩み絶えませんよ先生。
CIMG2417
哲学の木が美瑛で一番好きなポイントだね。
ちょっと端っこなんだけど。
CIMG2418
さらに散策
CIMG2419
さらにふらっと。
CIMG2421
三愛の丘
CIMG2423
どこで撮っても絵になるね
本当に美瑛は楽しい。
写真撮る人は何日もここに滞在するらしいけど
わかるなぁ・・・
さてさてまだ夕方までは時間がある。
今回はさらに端っこの白金まで行ってみますかね。
CIMG2424
途中間違えて寄った駐車場でトイレ
この先にある「青い池」はぜひとも見てみたい
美瑛から走ること10kmぐらい
青い池とうちゃ・・・
CIMG2426
砂利でした
駐車場でまじで転ぶかと。
駐車場から数十Mほど歩くと
CIMG2428
青い池
ほんとにライトブルーじゃーーーー
CIMG2429
他の湖とは青さが違うな
金属でもまざったかのような青だ
CIMG2430
遊歩道はこんな感じ
木があって案外見づらい
CIMG2432
ちょっと開けたところに出ました。
これも人造湖らしいんだけど色が深い
CIMG2436
青いのは池までで、美瑛川と合流すると普通の色に
うーん
ふしぎー
CIMG2434
今日はもうちょっと奥までいけるかな


2012/7/18
道内4日目(その2)
気分MAXで三国峠を登ります。
走ってきた道を振り返るとこんなかんじ
CIMG2374
すごい景色だね。まさしく絵の中を走っているみたいな感じ
バイクのCMに出てきそう
お?川だ。
CIMG2376
後ろの山は三国山かな?
CIMG2377
だいぶ山を登ってきたけど、なんか怪しい雰囲気の雲だなぁ
たしか峠予報は晴天だったんだが
CIMG2378
雨降ってるじゃないですかー!やだー!
CIMG2379
やばい結構な雨脚だ
慌てて防水装備を着こむ
少し走ったところで、完全に大雨に
うおー 北海道きて初めての本格的な雨だな。
だがまだ行きの常磐道のほうが酷かったので平気!
道も下りになり、峠も後半へ
「←層雲峡」の文字が
おお観光地! ちょっと休憩じゃ
CIMG2380
大雪山国立公園・層雲峡ビジターセンター到着
かなり本降りになってきた。
他のライダーさんも雨宿りだね。
CIMG2382
銀河の滝
後ろに見えるのがそうかな。なんか落差とんでもなさげ
CIMG2385
でけえ!

渓谷からのながーい滝
目の前には新緑と急流(ほんとうは清流)
うーんこれは綺麗だ
CIMG2386
熊ちちだと
アイスうまそう!
と思ったけど、なんだか体が冷えてるし、観光地価格なのもあり今回はパス
ビジターセンターの裏からは双瀑台に登る道があるけど
CIMG2387
ヒグマ+片道20分登り+雨
今回は残念ながらパス
CIMG2388
それでもすごい風景だな
平地ばっかりの樹海から、いつのまにか渓谷に。
日本じゃないみたい。
うーん雨も通り雨かと思ったんだけど
CIMG2389
なんかもう本降りだし
えーい仕方がない
雨に濡れる覚悟でどんどん進んでみよう
でっぱつー
CIMG2390
ビジターセンターから後は、切り立った岩山の道を下っていきます。
雨もちょっと小ぶりになったかな。
CIMG2391
大自然だね。
さてさてそろそろ長く楽しかった峠道も終わり。
無料になった有料道路を通って、初日ぶりの旭川へ
maps16

旭川に着いたとたん
CIMG2392
晴☆天☆
いやいやさっきの大雨はなんだったんだよ

天気予報はあてにならないなぁ・・・
というかやっぱり旭川は暑い。
関東に比べればマシだけど、ここからは防水装備を脱いで完全夏仕様に
まぁまぁせっかく旭川に来たことですし
やっぱ麺が食べたいやん?
例のあそこに行ってみますかね
CIMG2393
橙や旭川本店
お世話になります!
CIMG2394
橙味噌チャーシューらーめん
ああ
この味噌がたまんない
相変わらずおいしゅうございました。
さてさて旭川まで戻ってきたので、後は精神的に楽だね。
初日も行った美瑛に行くんだけど、今度は東美瑛を攻めてみましょう


2012/7/18
道内4日目(その1)
ちゅんちゅん・・・
小鳥が鳴いておるー
おはようごじゃいます。
うー・・・やっぱり体がだるだる・・・フェリーで寝違えてからどうも調子悪いね。
CIMG2341
んー 今日も晴天だ(*´・ω・)(・ω・`*)ネー
今回の天気運は半端ないぜ
IMAG0403
朝ごはんもおいしい!
目玉焼きと味噌汁と白米のコラボは神様も納得だぜ
そしてまた猫と遊ぶ(ノシ・ω・)
CIMG2342
ご主人にお見送りされつつ出発儀式。
また来ます(・ω・ノノ
今日もよろしくね黒猫号
CIMG2343
ラベンダーも満開だ

今日は昨日行って来たナイタイ高原にもう一度寄ってみよう。
宿から20分ぐらいで着いちゃうから気軽でいいね。
CIMG2344
まだ早朝だから誰もおらんかった(*・ω・)のびのび
CIMG2345
やっぱり晴れていると緑が綺麗だねぇ
CIMG2346
本当に大地を感じることができるような景色だね
CIMG2347
上士幌の町が遠くに見える
風と鳥と草木の音しか聞こえない。優雅だね。
さて
今日のルート考えてなかった(ぇ
いやぁここならゆっくり考えられるかなとおもってw
結局ざっくり北上するとしか思いつかなかったけどね。
三国峠を通って旭川方面に向かうことに。
そういえば天気予報に峠予報ってのがあって
三国峠は快晴らしい。これはいい景色見れるかな。
そんなわけでナイタイ高原を出発
CIMG2349
ここで夏用のメッシュグローブに変更。
ジャケットも防風インナー外して、完全に夏ツーリングスタイルに。
暑くなってきたね
CIMG2351
ナイタイ高原下り
心躍る景色だね!

CIMG2353
(*´・ω・)(・ω・`*)
CIMG2352
楽しい楽しいナイタイ高原も7kmであっというまにおしまい。
一旦上士幌に戻ってガソリンを入れるよ。
それとコンビニ(セイコマート)に寄る。
CIMG2354
無果汁濃厚!
ああ 危険な薬のように効くぜ
ん?
CIMG2355
ライムグリーン!?
いい色だな。よし次はカワサk
なんでもありません。
出発して数百m
ん?注意看板
CIMG2356
この先上川町まで給油所ありません。
(120km)
!( ゚д゚)なげえよ!
うっかり入れ忘れると大変だな本当に・・・
というか120kmってバイクの車種によっては航続ギリギリの距離じゃないか・・・
maps15
まずは昨日徹底した糠平湖を通り抜けます。
調べた所、糠平湖ってダムを作るための人造湖だったんですね。
そして旧国鉄時代の士幌線が廃線し、それが跡として残っているようで
昨日はそれを知らずに通り抜けてしまったので、せっかくなので見て回ります。
CIMG2359
国道の横から視えるコンクリート造りの架線後
あの上を昔は列車が走っていたのか。
今となっては趣があるね。残念なのがこれをゆっくり見れるポイントが少ないところかな
写真とってるのも道路の上だしね
さらにとっとこ走ること数km
CIMG2361
ダムが見えた。
でっかいなー。この道って、橋の上だったのか
下を覗くと・・・
CIMG2360
※高所恐怖症の方はタマヒュンにご注意ください
うむ。高いね
何kmか走ると、糠平温泉郷があったが、今回は通り抜ける
途中糠平湖の展望広場があるとのことで停まってみる
CIMG2363
案の定
クマ出没地帯につき注意
CIMG2366
もはや山道の散策です。
バイク装備なんですが。
さらに奥に進むと
CIMG2367
ちょっと開けて湖が見えました。
おー。ようやくだ
CIMG2369
ここからはタウシュベツ川橋梁が視えるらしいが今は見えないね。
CIMG2370
残念。
さてさて、糠平湖を超えて、三国峠に向かいます。
糠平国道をどんどん北上していくと、ゆるやかな上りスラロームになってきます。
CIMG2372
眼下に広がる樹海!
CIMG2373
どでかい陸橋をごんごん登っていきます。
これは確かに下りのほうが景色がいいかもしれないね。


2012/7/17
道内3日目(その2)
津別峠を爆走なぅ!
CIMG2302
実際は車幅のないタイトなコーナーと、落ち葉によるスリップ恐怖のため
へっぴり腰で進んでおります。
CIMG2297
津別峠 展望台に到着~
お? なんかおしゃれな建物だね。
のぼってみよー
CIMG2300
( ゚д゚)
突き抜けるような景色があったね。
美幌峠もめっちゃ綺麗だったけど。たしかにココは美幌峠よりも上なので
より全体を見渡せる気がします。
CIMG2301
駐車場側。
ここも観光地なんだね。
あのタイトなコーナーを観光バスが上がってくるのがすごいと思うよ
今日はほとんど貸切状態
さて出発前におトイレでも借りようかとおもったら・・・
大量の蛾がトイレの入り口にびっしり居たのは驚いたぜ
さてさて出発
津別峠を降りていきます。
CIMG2303
辺りには白い花畑?
やたら広大にあるからこれなんだろうと思ったら、全部じゃがいもの花だったんですね。
はんぱない程至る所広大にあるんですが・・・・さすが北海道
津別峠を抜け、国道240に合流します。
そのあと道道51号線を使って陸別方面へ
CIMG2304
引き続き快晴!
ここで時間は2時を過ぎ。
あとはナイタイ高原に行ってまったりする予定だけど
maps14
距離的にはもうちょっと(?)先
とりあえずご飯を食べましょう!
ってこの辺何かあるかなと思って散策
お?
CIMG2306
道の駅
オーロラタウン93りくべつ!
の裏
CIMG2307
みんな大好きセイコーマート様!
オーロラタウンに御飯食べる所なかったの(´・ω・`)
CIMG2308
青りんごカツゲン入ります
そしてカツどん。
なんだか元気になりそうなセットです。
元気が出た所で、再度出発
国道242号を下り、一昨日ICを降りた足寄を経由し、上士幌に向かいます。
上士幌の町からまっすぐの道を数km走ると
CIMG2309
ナイタイ高原レストハウスの文字が!
CIMG2310
いい道がある予感
CIMG2311
牛もいるし!
とはいえ4時を過ぎて日が傾いてきた。まぁ宿は近いから大丈夫かな。
緩やかな丘を登っていきます。
CIMG2313
ふへー
本当に日本の道か・・・
CIMG2315
周りは見渡す限りの草原
CIMG2312
突き抜けるような大空と雄大な雲がなんとも言えない
そんな道に感動しながら7km。たったの7kmで着いてしまうのももったいぐらい。
CIMG2318
ナイタイ高原レストハウスに到着
今日の旅の目的地だね。
今回の北海道旅行を計画した時に、必ず寄りたかった場所の一つ
CIMG2317
草原の上を雲と青空が流れてく。
聞こえるのは鳥の囀りと風の音だけ。
高台に登れるところがあったので登ってみる。
CIMG2321
この景色が見たかったんだよぅ
感動したさ(*´・ω・)
さぁ草原で感動の余韻に浸r
CIMG2325
かんぱーい
うめえぜカボチャソフト!

CIMG2323
この石に座って景色を楽しみました。
うーん
日の当たる景色も見たかったけど。
もうちょっとだけ先に行ってみようかな
CIMG2327
下に降りたら晴れたし
CIMG2328
まぁ今晩の宿はこの近所なので、また明日の朝来るのもいいかもね。
まだちょっとだけ時間があるので、
明日行く予定だった糠平湖まで下見に行ってみるよ
20kmほど北上します。
糠平温泉郷を抜けて、森の中を走り抜けると
橋梁入り口?との看板が
駐車場もあるし観光地かな?下調べしてないからわからん
CIMG2329
日が傾いているのも相まって
鬱蒼としすぎだろ・・・
糠平湖ってでかい湖があるはずなんだけど見えないねぇ・・・
CIMG2333
うむ?何箇所かあるのかな?
CIMG2334
あ ようやく見えたよ糠平湖
って橋梁とかどこなんだろう?
CIMG2335
・・・・・・・・・
さぁ帰ろう!
CIMG2337
糠平はまた明日散策してみよう~
また20kmほど戻ります。
CIMG2342
本日の宿
星と自然食の宿 かぶとむし

ナイタイ高原からほど近いところにあります。
おせわになります!
CIMG2340
広めの8人部屋のドミトリーなんですが
なんと今日は お一人様☆
ちょっとリッチなきぶん(*・ω・)
CIMG2338
手作りの夕食は非常に美味しかったです!
焼き鮭とニラの和え物でご飯が進む!

ああ・・・せっかくレシピ教わったのにHP書いている間に忘れてしまった・・・orz
ごちそうさまでしたヽ(`ω´)ノ

もそ
ん?
CIMG2339
なんとも人懐っこいねこさん登場
お膝がいいのね。
IMAG0407
かわええのー
今日もいっぱい走って、いっぱい美味しいもの食べて、いっぱい良い景色見れた
明日もいっぱい走ろう~

2012/7/17
道内3日目(その1)
ううう・・・・
フェリーであまり寝れなかったのと、一日目のハードスケジュールが響いて
疲れていたせいか、せっかくさろまにあんに泊まったのに早めに寝てしまった・・
でも今日のわんこのに出ていたとは驚きました。
犬は苦手だけど、動画で見るテツ可愛かったなぁ
IMAG0397
朝ごはんもおいしかったです。
そしてやっぱり冬サロマも楽しそうですね。
流氷やらアクティビティが・・・ぬぅぅぅまた行きたい
今回のさろまにあんではバイク乗りさんが多かったので
バイクの話題やら行程の話が盛り上がりました。
またどこかでお会いできるといいですね!
CIMG2276
出発準備!
CIMG2275
しゅっぱーつ!
おっと乗るバイク間違えたぜ
白ブサかっけええええなぁあ
昔憧れてたからね
乗せてもらいました。
うちの黒猫さんもかわいいよ。
CIMG2277
B-KINGはどうあがいてもゴツい
さすがSUZUKI
カウルが付いてないネイキッドに、カウルが無いと風圧で体が吹き飛ぶ程速度が出る
隼のエンジンを乗っけちゃう辺り
さすがSUZUKI
さてさて
今回もさろまにあんフラッグを振ってもらって出発!
見送りしてもらうとまじでヤル気あっぷ!
今日から復路に入りますが、天気のいいので、屈斜路湖で行けなかった
美幌峠に行ってみたいと思います。
maps13
今日は移動距離自体はあまりないね。
道道103~655を経由して、国道39号線方面へ
CIMG2278
いやー
なんだこの天気の良さ
CIMG2279
北海道に来てほとんど晴天
運がいいね~
新潟までは苦行でしたが
CIMG2280
半壊コンデジでもPLフィルターつけたような青々しさ!

黒猫さん今日もがんばろうじぇ(*・ω・*)
さてさて二枚ほど上の写真にも映ってるけど
さろまにあんから1時間ちょいで美幌峠付近へ到着
案外近いのね
道の駅
ぐるっとパノラマ美幌峠に到着
道の駅の名前はいつもおもしろいぜ
CIMG2281
この旅で、初めての同じバイクに会う
黄色ちゃんだー いい色やね~
見たところ国内前期仕様。ナビマウントいいなぁ・・・
そしてこの駐車場
CIMG2282
お山の上なので景色がパない
わお北海道。
CIMG2283
物産のおみやげとかめっちゃ美味しそうな食堂もあるけど
ここの道の駅は展望台が有名なので行って見ることに!
この天気なら綺麗なクッチャロ湖が見えるかな?
粗めの階段を登っていく~

と・・・・

CIMG2285
絵画のような景色
CIMG2286
涼しい風も気持ちいいいー

CIMG2289
CIMG2291
下を見下ろすと美幌峠を降りていくバイクが。
これからあそこ走れるんだよなぁ
きもちいねー
CIMG2292
(*・ω・*)

CIMG2293
草原を流れる雲の影が綺麗だね
観光地は普段スパスパ回っちゃうんだけど。
ここでは1時間ぐらい風に吹かれてました。
一日中こーして居たいけど、それだけじゃもったいないからね。
おみやげを買って、駐車場まで降りたところ・・・・
GOLDWINGの集団に囲まれる黒猫号

やめて!高級車で囲わないで!
(GOLDWINGの新車価格は300万~)
美幌峠を降りる
前日さろまにあんで教えてもらった津別峠に向かいます
なんかそっちの方が綺麗に見れるかも?と
CIMG2296
津別峠入り口
よし。方向的にもちょうどいいし、峠越えしますぜーー


2012/7/16
道内2日目(その4)
CIMG2255
うおー
知床の周りの道はほんと気持ちい
CIMG2257
知床を抜けてきました。
うー 絶対また行きたい。観光船も乗りたいしカムイワッカも行ってみたい!
さてさて本日のお宿
毎度おなじみさろまにあん
maps12
宿に行くまでが
本日の最長工程だったりします。
まぁ距離だけの話ね。
知床を楽しんだハイテンションで切り抜けます。
IMAG0392
チョコレート&いちごみるく

途中の道の駅で濃厚なジェラートを楽しんだり
CIMG2259
傾いた夕日の中、湖畔を走ってみたり
1時間ちょいで能取湖まで来れたね。
サロマ湖はお隣だからもうちょっと
どこ走っても楽しいね
CIMG2260
サロマ湖から数km離れた丘の上、
CIMG2261
傾いた日が草原を光らせて綺麗なコントラスト
うむ今日は実に良いツーリングじゃった
捕まらなかったし
(そこ!?
CIMG2262
さろまにあん到着
1年ぶりにただいまーーーー
おおっ今日はバイク多いね
自分のこと顔を覚えておいてくれたみたいで(ツイッターのアイコンもw)
嬉しかったです。
晩御飯は19時からという事なので、サロマ湖の夕日を撮りに行く事にしました
バイクで5分ヘ(・ω・_ヘ)近いね
CIMG2264
前回は曇ってたけど、今日は天気がいいぞ
CIMG2266
(・ω・ノノ"(・ω・ノノ"夕日写真たーいむ
CIMG2267
CIMG2272
半壊コンデジがんばれ!
CIMG2268
うん
北海道で見る夕日は最高だ・・・
いっぱい写真とって満足~
さろまにあんに戻ります。
IMAG0394
夕飯
うまあああああああい
包み焼き最高~
ホタテ最高~
近所の温泉にも連れて行ってもらいました。
さろまにあんで連れて行ってもらうと割引があります。
赤褐色のいい温泉でした。
明日はいよいよ復路
ゆっくり廻っていこー


2012/7/16
道内2日目
知床散策に行く前に腹ごしらえです。
というのもこの先お店らしいお店無いからね
CIMG2221
一休屋
結構ツーリングマップで有名なお店。
旬のうにといくら丼もあるけど、やっぱり食べてみたいのは
さけいくら丼だね
お昼時だし連休中だしってことで結構な混雑
20分ぐらい待ってようやく完成
IMAG0391
さけいくら丼
まるで宝石箱ですうまいです。
真ん中にあるのは、鮭の肝臓の塩辛「めふん」です。
珍しい料理ですし、300円なので頼んでみました。
これがめっちゃ美味しかった。
酒のみてえ
(飲めんけど)
さぁいよいよ知床五湖へ向かいます。
こっから先は常時クマ出没注意ゾーンですぞ

CIMG2223
切り立った絶壁に道を通したようなところを進んでいくと
オホーツクを航行する観光船を眺めることができます。
うむ
上からの優越感
こんなところで停車して写真取れるのもバイクならではだね。
五湖まではここからしか取れなかったけどな!
(気持よく走っちゃった・・・)
CIMG2224
こんなかんじで走るんだぜー
そりゃ気持いいさっ
進むこと10kmほど。
知床五湖フィールドハウスに到着ー
CIMG2225
連休もあってかものすごい観光客
駐車場がいっぱい
でもバイクなので端っこに置かせてもらう
五湖といっても1つは桟橋を通って見ることはできるけど
残り4つはガイド付きのツアーに参加しないとだめっぽい
3時間コースで5000円って、お金はともかくちょっと時間長いな
とりあえず無料で見れるらしい1湖を見てきますか
CIMG2226
フィールドハウス横にある道から桟橋へ
熊が出没するので、安全に観光できるように最近作られたらしい。
まぁすぐ着くだろう
と思ってましたが・・・・
CIMG2227
ちょっと長くね?
龍の道?
CIMG2228
高さは5Mぐらい。
紐に見えるのは電気柵です。
こりゃあ熊いても登ってこれないな。
CIMG2229
知床の山々が見えますね。
これはめっちゃ気持ちい
さっきの写真の端っこあたりまで到着
で・・・
CIMG2230
まだ全然続いてた。
CIMG2234
向こうにはオホーツク海が視えるね
天気も相まっていい景色の中を更に歩きます。
CIMG2236
歩くたびに木の音がするのはいいね
CIMG2237
知床一湖ついたー
桟橋を歩いて20分ぐらいか。
結構なコースだな・・
湖の前は休めるように大きめのひろばがあったよ。
CIMG2238
ここでガイド付きツアーと合流するのね
いやいや無料の桟橋でも十分に楽しめますよ
往復50分ぐらいだけど
山あり海あり樹海有りですばらしいね
さてさてまだ2時半ぐらいか?
バイクまで戻るー
・・・(´・ω・)
どうやらこの先のカムイワッカ湯の滝まで行けるらしい!
IMGP1263
google先生から(ry
中々行けない秘湯だし、行ってみたいね!
CIMG2241
10kmダートだ・・と( ゚д゚)
道が途切れておる・・・さすが秘湯
ある程度整地された神の子池と違って
10km山道でダートだとさすがに無理だなぁ・・・
うーんオフロードバイクがあれば・・・・
また次の旅の目的にしよう。
時間も微妙だし、ウトロまで戻って
知床峠を途中まで行ってみましょうか
んお?
CIMG2242
こんな山奥で渋滞?
みんなで指さしてる先に
CIMG2243
ん?
CIMG2244
( ・(ェ)・ )
くまあああああああああああ

CIMG2245
まさか本当に道端で熊に会うとは
最大望遠にしているけどだいぶ大きい。
あと二匹いた。うーんツガイ?親子?
あとで聞いた話だとめったに見れないらしい。
得したね!
真横に出たら死ぬけどね!
CIMG2247
気を取り直して知床峠を進んでいこうー
緩やかなワインディングを抜けていきます。
っと
CIMG2248
通りすがりのきつーね( ゚д゚)
さすがにこんなに間近に野生のキツネ見たの初めてだよw
知床富士が見えるポイントまで綺麗なワインディングが続きます。
これはいい道
写真撮り忘れるぐらい(ぁ
maps11
知床峠途中の駐車場まで走りました。
といってもウトロから10kmぐらいだけどね
地図見てもわかるかもしれないけど
CIMG2250
知床富士(羅臼岳)
まだ雪残ってるよ(7月ですぞ)
CIMG2252
樹海も綺麗
知床っていいね
走るのも見るのも大自然を満喫できる感じがいい
さて・・・名残惜しいけど今日の宿は前回もお世話になった
サロマ湖のさろまにあん
ここからだと150kmぐらい戻る必要があるので
ちょっと早めに切り上げます
また来るぞ知床ーーー


2012/7/16
道内2日目
神の子池を回りつつ
裏摩周を抜けて道道150号線を開陽台方面へ移動します。
maps6
今日は○の部分を大体移動するので、もうちょっと拡大します。
移動距離そのものは1日目より無いはず。
maps8
こんなかんじ(文字がちょっと小さいね)
屈斜路湖から摩周湖を抜けて、開陽台へ向かいます。
上の地図の赤いポッチが開陽台だけど、
とちゅうの看板が解りづらくて若干迷子った
緑の丘を抜けて群々坂道を上がります。
開陽台が見えてきたっ
CIMG2189
何このバイクの為のような道路
感動しちゃう・・・
CIMG2190
横を向くと大平原

ちっこく映る牛が・・・
CIMG2193
地球がまあるく見える開陽台の駐車場
結構バイクも多い。そりゃいい景色だからなぁ・・・
若干今日は曇が出てるのが残念
CIMG2198
うひょー
CIMG2197
いい景色
写真はへたっぴ
半壊コンデジではコレが限界なのが辛い。
CIMG2199
お?
CIMG2201
クローバーの丘にもあった幸せの鐘だね
去年はおもいっきり鳴らしたので
今年はやんわりと・・・
CIMG2202
展望台にいた人が振り返るぐらいおもいっきり!鳴らしました。
テヘペロ
Come On 幸せ!
階段を登った先にある展望台に行きます。
入場は無料。なんともすばらしい
CIMG2204
展望台からの景色
あー 北海道に居るんだなーっ
て感じがするね
ここはまったりできて景色も良くて、風も気持ちよくていい場所
知床はまた違った景色が見れるんだろうなぁ・・・
よし。
いざ
知床に向かうぜ!
CIMG2205
アイス食ったらな!
はちみつみるくソフト
なまらうまい
道道975号線を通り、標津を抜けます。

この975号線もまた・・・・
CIMG2206
どえらいまっすぐ
あんまりにもまっすぐなので気持よく走ってると・・・
CIMG2208
ガソリン入れ忘れてた!
地図を見る限り、この先大きな国道(242号線)に出る予定だけど
国道にも関わらず150kmぐらいガソリンスタンド無いんじゃね?
というわけでガソリンを入れに、
ちょっぴり15kmほど戻ります(ちょっぴり?)
本当に北海道はガソリンスタンド逃すと危ないね
熊の出没情報があるところで数時間レッカー待ちとか洒落にならん・・・
ガソリンを入れた後は再度国道に入り
242号線をただひたすら北上します。
130kmぐらい下道オンリー
間に信号なんて数えるほど無かったぞな・・・・
maps10
長い長い道のりを眠くなりながら突き進んで
ようやく国道334号線
知床国道に入ります
CIMG2209
オホーツクーーーー!!!
1日ぶりー!(ぉ
CIMG2210
小樽から山の中走り続けてたもんね。
北海道を文字通り横断したって感じ
ちょっと疲れも飛んだぜー
天気も晴れてきた!
CIMG2213
この知床国道はいいね!
綺麗なオホーツク海を望みながら緩やかなワインディングと
大自然の景観
バイク乗りでよかった

なにやら右側に観光スポットっぽいところ。
車がみんな入っていくね。
CIMG2214
便乗しましょう
CIMG2215
もう道路から見えてるんだけど
CIMG2216
オシンコシンの滝
国道の真横にこんな雄大な滝が・・・
CIMG2218
うおーめっちゃ綺麗
CIMG2220
海にダイレクトフロー!
わいるどぅ・・・
さらに北上するとウトロに到着
ここは観光船の出発地にもなっていたり、知床観光の拠点になるところだね。
町中にでっけえ岩があったりしますが・・・
googlesensei1
※上記写真はgoogle先生にお借りしました
ゴジラ岩ですね。
どう見てもゴジラに見えますよね?ね?
さてさて知床はどう楽しもうか・・・
観光船は2時間~3時間ぐらい掛かって料金も5000円前後が大体。
うーん観光船乗っちゃうと知床五湖とか知床峠は難しいかなぁ・・・
と悩んでいたら
北見から来たという地元大学のバイクサークルの人に声を掛けられる。
彼らは初心者を連れて知床までツーリングらしい。
いいねー こんな近くにツーリングスポットあるなんて羨ましい
観光について相談した所
知床五湖と知床峠の方が綺麗ですぜ?
という意見に流されてみました。

大学生グループをお見送りした後はちょっと腹ごしらえして
知床五湖に向かうぜ!


2012/7/16
道内2日目
うぉっ・・・・はようございます。
昨日はお風呂入ってビール一杯飲んで・・
うん
落ちてたね☆
朝ごはんはホテル・・・というか古き良き旅館だな。
の 朝ごはん
IMAG0387
おう
優しそうなご飯だね。
食堂のおばちゃん「あなた若いんだからいっぱい食べなさい はいごはん!」
どん!
どん?
IMAG0388
専用お櫃だと・・・(;゚Д゚)
No more おかわり
IMAG0386
今日もよろしくね
北海道にくる直前に入れ替えたマフラーは結構良い感じ
ただたまにエンジンブレーキ中に微かにポンポン言ってる気がするが
まぁ概ね大丈夫でしょう
でわでっぱつ
CIMG2161
屈斜路湖の周りの道はいいね。フラットでゆるやかなコーナー
すばらしい。
このあたりでツーリングに出かけて900kmぐらいかな?
CIMG2163
タイヤが真ん中がフラットに!
これも一応偏磨耗に入るのかな?
まぁ北海道二回目だしね。
CIMG2164
神の子池を目指して裏摩周を目指します。
CIMG2165
今日もいい天気らしい。
いいね。新潟に行くまでに濡れた分は晴れてて欲しいね
20kmなんてあっというま
CIMG2166
ついた
この入り口からが勝負です。
CIMG2167
クマ出没中(・(エ)・) クマ-
も怖いんだけど
ダートです
苦手というかSS(笑)にダートはダメだって
CIMG2169
あがががががが
結構フラットなので大丈夫そうなんだけど
途中で何箇所か砂利が盛られた場所があって
まじこわかった
CIMG2168
なんとか駐車場まで到着・・・
2kmがめっちゃ長く感じたぜ
CIMG2170
まぁ池といえば池なんだけど
湧き池なんですよね
説明のとおりなんですが澄んでいてとってもきれい
CIMG2173
おお
綺麗な川
結構な水の量が多いね
CIMG2175
神の子池到着
オンネトー湖とはちょっと違うエメラルドグリーンの湖
まさしく神秘的
CIMG2179
よく見ていると底から湧き出る水の流れが見えます。
さっきの川はこの湖から流れているみたい。
一日1万2000tの量ってのも本当みたい。
すげぃぃ
さてさて名残惜しいが今日は知床に行くので
再度あのダートを戻り次なる目的地に向かいます。
知床にいく途中にあるバイク乗りの聖地(?)
開陽台に向かいます。
CIMG2182
お 途中でいい丘が
CIMG2186
北海道っぽいね。東京ドーム何個も入りそう。。広すぎる
CIMG2188
摩周湖から開陽台に抜ける直線はいいね
景色も最高だ
天気は曇ってきちゃったけど
行ってみたかった開陽台までもう少しだ


2012/7/15
道内1日目
ほら2ページでも収まらなかった!
(え
相変わらず1日目が濃厚です。
CIMG2130
阿寒湖の周りは旅館や観光船の乗り場があって
まさしく観光地として整備されていました。
今日は連休だから流石に人が多いね。
しばらくぼーっとしたいんだけど・・・・
まだ先があるのでもうちょっとバイク乗ります。
だがしかしここまで来れば後少し。

maps5
いやー
走ったなぁ
CIMG2132
摩周湖展望台に向かう途中
上の写真の阿寒湖から数十km程度なんだけど
なんかもう霧です。
CIMG2131
うーん嫌な予感
さっきまで晴天だったのに、水滴がつくほどの霧
さすが霧の摩周湖
でも霧の状態はコロコロ変わるから上に行けば晴れてるんじゃ?
さらに登ること数km
摩周湖展望台の文字がヽ(`Д´)ノ
ようやくついたーーーー
さぁ見てみよう
摩周湖ブルー!
CIMG2134
ですよねーー
(・ω・)
(;ω;)
。・゚・(ノД`)・゚・。
CIMG2136
悔しいのでザンギ(鳥の白唐揚げ)を食す
うめぇ~(*・ω・*)~
展望台にはおみやげ屋さんも盛況にやってた為
会社へのおみやげを買って送ってもらいました。
バイクだと運ぶのは難しいからね
CIMG2137
霧は濃くなる一方だね。
もしかして下も雨が降っているんじゃないだろうか?
今日の宿はおとなりの屈斜路湖畔にあるので、一旦展望台を降ります
CIMG2138
晴れてるじゃないかYO
CIMG2140
うーん
北海道のお天気は難しい。
そろそろ5時に近い。
そういえば夕日を望むため美幌峠に行く予定だった
いそげー
あ 馬
CIMG2141
ポニーなのかな?
お馬さんにつられて寄り道(*・ω・*)
CIMG2143
屈斜路湖と摩周湖の間にある牧場
乗ることもできるらしいけど、もうおしまいの時間だね
CIMG2144
ほとんど放し飼い状態。
のどかだねーー
はっ
美幌峠行くんだった
牧場を後にして屈斜路湖を目指します。
しばらく行くと
看板【←硫黄山】

まじで!おもしろそう!
(ぉ
CIMG2145
湧き上がる湯気と硫黄臭

平原の中に突如見えたハゲ山の硫黄山
北海道すごいなぁ・・・
もう17時過ぎていたので売店も閉まっていた。入るのは自由らしい
CIMG2146
本当に日本かここは
結構観光客が多いね
CIMG2148
でかいねーー
CIMG2149
硫黄の噴出口
すごい勢いでガスが出てきてる。
ここで別のグループのお兄さんが携帯で写真を取ろうとしたら
硫黄パワーで携帯が壊れるハプニング
硫黄ぱねぇ
CIMG2151
周りは木々溢れる森林なのにここだけ別世界だぜ
はっ
CIMG2150
日が暮れる~
美幌峠は明日かな。
今日は屈斜路湖でご飯を食べてから宿に行くよ
このあたりはザンギ丼や豚丼がおいしいらしい
ザンギはさっき食べたから豚丼たべようかね
CIMG2152
食堂居酒屋 三三五五
閉まっちゃったか?と思ったけど夜の部が18時からとのこと。ちょっと待って入店
CIMG2153
餅豚丼
甘めのタレに非常に柔らかく仕上がった豚丼
トロのようにとろけます。
うますぎるだろぅ~
お宿はすぐそこ
CIMG2155
本日のお宿
屈斜路湖ホテル
屈斜湖畔にあります。いやー・・走った走った・・・・・
550kmぐらいか?
CIMG2156
屈斜路湖
色濃い一日目もようやく終わり
明日以降はもうちょっとゆっくりになります。そしていよいよ知床です。
しっかりコースを考えt
ぐーーーーーーーーーー
おつかれさまでした

このページのトップヘ