R CastOff ~( ・ω・)~ 猫屋敷

バイクに乗ってまったりしているブログです。 更新はかなーり不定期ですけど、ごゆるりと。

2012年08月


2012/7/19・20・21
道内最終日~帰路(その3)
CIMG2599
楽しかったおたる水族館を後にします。
いやー楽しかった。
あとは小樽市内で食いだおれの予定!
※※CAUTION※※
以下のページは夜中に見ると危険です。
夜食片手に見ることを強くおすすめします。
CIMG2600
毎度おなじみ和楽さん!
CIMG2602
紫うにうまあああああぃ
トロサーモンとろけます。
CIMG2604
あら汁とエンガワ。今回は鮭が入ってます。
CIMG2605
イクラ軍艦と揚げ卵
まだまだいっぱい食べたいけど、ごちそうさまでした!
チェックイン時刻になったので、ホテル向かいます。
CIMG2606
今回もグリーンホテル。
別館もあまりかわらないね。
荷物を置いて、小樽を散策します。
CIMG2609
今回は明るい内にこれたから、まだお店閉まってないよw
ひと通りおみやげを買って配送してしまいましょう。
バイク乗りだと持って帰る限界があるからね。
ひと通り買い物を済ませた後で・・・・・・
CIMG2617
塩辛とサッポロ黒ラベル

CIMG2618
やっぱ旬のウニ丼!
うまかったです。だれかおかわりください・・・
CIMG2620
小樽の運河は今日もゆっくり流れてました。
CIMG2622
黒猫号もお疲れ様でした。
君のお陰で楽しいこといっぱいできたよ。ありがとうね。
その後はコンビニで夜食とビールを買い込んで、ホテルで一人酒盛り。
長い長い工程が終わった道内最後の夜は、とっても楽しかったです。
明けて2012/7/20
今日はフェリーに向かうだけの簡単なお仕事。
せっかくなので早起きして小樽を散歩
CIMG2624
今日も朝からいいお天気。
国道には既に多くのバイクが走ってました。
CIMG2625
こんな日に帰るのはもったいないね。
また来ようね
CIMG2626
3kmで到着フェリーターミナル。
集合まで時間があるので、フェリーいる間の食料を買い出しに。
CIMG2627
歩いて5分ぐらいのところにセイコマートがあるから安心
おにぎりその他購入
戻ってみると乗船待ちのバイクの列も多くなって来ました。

自分の後ろのバイクに見覚えが・・・黒のNinja400R
さろまにあんでお会いしたNinja乗りさんと
まさかの再会(3人目)

この広大な北海道でたった一泊集まった人達とここまで再会するとは・・・・
ちなみにNinja400Rさんとは、
後日 新宿でもバッタリ再会しました。
なんというさろまにあん繋がり
CIMG2628
無事に乗船し、出港ーーまたくるぞーーーー
ビールうめえええ
CIMG2632
綺麗な夕日
フェリーからの景色もいつまで見てても飽きないね。
CIMG2635
さらば北の大地
明けて2012/7/21
翌朝新潟についてからはつくばまで一本道
余韻に浸りながら、まったりと
大雨でした
北海道で晴れた反動がががががががが
IMAG0423
かつカレー食えば大抵なんとかなる(ぇ
SAのかつカレーって本当に美味しく感じるよね。
6時間雨に打たれても、気合で自宅まで完走!

IMAG0424
おつかれさまでした。
総走行距離 2415km
そんなわけで去年に引き続いた2ndシーズンは無事に終了しました。
これを見てまだ北海道に行ったことがないバイク乗りの方が
一人でも行ってもらえたらいいかなと思います。
大丈夫カブでもいける
今度はどこにいこうかなー

北海道ツーリング 2nd Season
2012/7/19
道内最終日~帰路(その2)
富良野から旭川に戻ってもいいんですが、
もう2回も通ってるので、別の道で小樽に向かうことに。
maps17
ざっくりこんなかんじ。
道道135 > 国道452(夕張国道) > 道道116 >道央道
CIMG2520
突き抜けるような青空!
最期の日まで晴天とはありがたい。
本当に道内で雨に当たらなかったのはよかったよ。
道的に厳しいところもあるからね~
CIMG2521
途中のダムで休憩。

まさかの
さろまにあんでご一緒になった方と二人目の再開!
(通称:悪役さん)
なんというかご縁がありますね本当に。
CIMG2522
なんというダムか忘れた(ぁ
ダムはいいねぇ
悪役さんも今日は札幌でゆっくりするそうです。
お別れを行って、再度出発、道内最後までお気をつけて!
CIMG2524
道央道に入ったので休憩。このSAは去年も来たかな。
この時点でお昼も過ぎて、すっごいお腹が減ってるけど、まだ我慢。
小樽で食う!

さてさて予定より1時間程早く小樽についてしまうので、
去年行けなかったおたる水族館に行ってみましょう
最終日は水族館ツーリングですな!
小樽市内からバイクで10分程のところにおたる水族館はあります。
CIMG2525
水族館到着。
駐輪場が管理小屋の真横なのは安心
おお?なんか地方水族館の中ではかなり立派な感じ
水族館前まで登って、駐車場を見下ろすと
CIMG2526
ダイナミック☆オホーツク海
立地ぱなぃ
CIMG2527
入場料は一般1300円とお安め。
鴨川とか2800円だしな
半額以下
CIMG2528
エントランスでウェルカム亀
たしか下田水族館もそうだった。
最近流行りなのか?
CIMG2537
イルカの水槽。上から見れます。
CIMG2539
ネズミイルカ?
このイルカ展示しているのは、非常に珍しいっぽい。
鴨川とおたるだけだね。
ちっこくて可愛い
CIMG2542
ニジマス
うまs
いえなんでも。
CIMG2543
最近目にかけるメダカの展示
ヒメダカとかは観賞魚店でも見かけるけど、国産メダカは絶滅危惧種
本当に数少ないらしいよ。
CIMG2545
価格:手が出ない
100g 5000~6000円ぐらいだそうです。
お腹すいてきた。
CIMG2548
下にいる大きいのが幻の淡水魚とされているイトウ
なにげに日本最大の淡水魚でもある。北海道の一部にしかいないため幻の魚。
おいしいらしい
小さいのがワカサギだね。
おいしいですね
お腹すいてきた
CIMG2561
こちらは世界最大の淡水魚:ピラルクー
最大のものはこの水槽の端から端まであるっぽい
でけえよ。
CIMG2559
ウミガメも横から見るとイメージ違うね。
水族館内を見るだけでも、かなり広くて、展示種類も多く見所たっぷり。
ただ、ここの水族館はやはり外の展示が一番ステキ
何かとダイナミック
CIMG2563
湾の入江をそのまま展示スペースに。
荒々しい波が打ち付けるのをバックに海獣を見ることができます。
CIMG2564
アザラシさん。とんでもなく広い水槽だからストレスはなさげ。
CIMG2572
かわいいねぇ
CIMG2571
ダイナミック☆飼育員通路
CIMG2574
直立不動
CIMG2575
パンダ柄のアザラシさん。珍しいねー
CIMG2579
セイウチさん。オスは見えないけどめっちゃでかい。
CIMG2562
ダイナミック☆案内
CIMG2581
カピバラさんは遥々関東から借りてきたみたい。
日光浴中なぅ
CIMG2583
館内に戻って回遊水槽でまったり。
360度囲まれるよ。
これ餌の管理大変そうだなぁ・・・・
CIMG2590
イルカショーには間に合いませんでした。
ショーの水槽は下からも見れます。
CIMG2596
お?練習中?
CIMG2597
ドーン!
CIMG2598
ピ!
練習は自由に見学できるから、ゆっくり見たい人はこちらもいいかも。
そんなに広い所じゃないから間近に見れるよ!
さて
水族館堪能した。満足じゃ
そろそろ
減ったお腹を満タンにしましょうかーーーーーー


2012/7/19
道内最終日~帰路(その1)
おはよーごじゃります。
早めに寝てしまったけど、朝は夜明けとともに行動開始~
やっぱり夕茜宿といえば、朝食前の散歩ですね!
CIMG2469
そんなわけででっぱつ
ちょっと雲が出てるけど、青空が見れるといいなぁ
とか思いながら歩くと。
CIMG2470
晴れてたヽ( ・ω・ )ノ
風の動きがわかる風景。ここは本当にステキだね
CIMG2471
みどりのじゅうたん~
雲も地平線まで綺麗に視えるのがいいね
CIMG2472
涼しく優しい風の中を
気ままに歩きながら写真を撮る。
CIMG2474
朝焼けの青い部分の空が好き
CIMG2475
CIMG2481
1年前もここで写真とってたね。
CIMG2486
小一時間程散歩して戻って来ました。
うーーーーん!朝散歩最高!
CIMG2490
そして朝のコーヒーいっぱい
あったかくておいしぃぃ
朝食までだらだらうにうに。
CIMG2489
朝食
ここのホッケは本当に美味しいですね!
食後、家族へのおみやげを探しているとオーナーに伝えた所、
近所の農家さんが「訪問販売」に来てくれました!
「インカのめざめ」という品種のおいしいじゃがいもを10kg購入。
あとで調べたけど、ネットで買うなんかよりめっちゃ安い。採りたて直送だし。
家族で食べましたが、本当においしいじゃがいもでした。
夕茜宿ご宿泊の方はぜひ!
それでは出発準備しましょうかね。
CIMG2488
道内5日目の黒猫号
すでにこの時点で2000kmは走ってるけど、ぜんぜん元気。
去年は緑色の液体吐いたり(結果)
ラジエーターファン回らなかったり(原因)
今年はきちんと整備したからね。
CIMG2484
ゴムが破けたけどね
あとクラッチフルードがプッシュ部分から若干漏れてる。
クラッチマスターもそろそろOHかな。
それでは道内最終日
でっぱつ!
CIMG2491
夕茜宿からほど近いところにあるベベルイの湧き水
流し台があり、自由に飲んでかまわない湧き水らしい
CIMG2492
縄文時代から!江戸時代とかそういうレベルじゃない。
CIMG2493
つめてええええ
でもうまし!
最終日は続・観光地周りですな。
ちょうど富良野に居るんだし、富良野の良さがわかるらしいファーム富田に行ってみました。
CIMG2495
10分も掛からず到着
開店間もないのに、既に観光客で大賑わい。
でもバイクはいないね。
CIMG2497
見渡す限りラベンダー!
CIMG2501
見事に満開
CIMG2502
奥のコントラストもすごいけど、ラベンダー押し
ここのラベンダー畑は有名だしね。
CIMG2503
ラベンダー押し
くそ!こんな可愛いソフトクリームまでラベンダーとは!
CIMG2505
上まで登ってみた。富良野の平野が一面に見えて本当に綺麗だね。
もちろんラベンダー畑以外にもいっぱいお花があるみたい。
そっちにもちょっといっt
CIMG2507
ラベンダー押し!?
従業員の園内異動用スクーターみたいですね。綺麗な塗装でございます。
CIMG2510
他のお花もほら素敵。
四季の丘よりは面積は無いけど、綺麗さではこちらのほうが上かもしれませんね。
CIMG2511
綺麗だねー
・・・・・・ん?
CIMG2512
あれは!かの有名な!
UFM
(未確認浮遊メロン)
実在していたとは・・・・
CIMG2516
そんな綺麗なお花畑も、スタッフさんの絶え間ない努力で成り立ってます。
耕うん機はもちろん
HONDA
The Power Of Dreams
(このHPはHONDAの提供を受けておりません。でも大好き。)
CIMG2517
さてゆっくりしすぎました。
最終目的地の小樽に向かいましょうか。


2012/7/18
道内4日目(その4)
青い池を出発して、さらに奥に行って見ます。
CIMG2437
不動の滝到着

CIMG2438
名前のとおり不動尊が祭られております。
CIMG2447
落差はさほどないけど、清流のきれいな滝でした。
周りの空気はひんやりしてて気持ちいーねー
美瑛が暑かったから本当に涼しく感じます。
ええ・・・本当に涼しく・・
CIMG2442
具体的ぃぃぃぃぃぃぃ!
肝が冷えたぜ
CIMG2445
そりゃーこんなにきれいな川だったら熊も出たくなるわな。
気がついたらそろそろ夕方。
おなじ富良野だけど、若干遠いので早めにでっぱつします。
CIMG2448
途中のコンビニでさろまにあんで一緒だった女性ライダーと遭遇しました
とても元気な姉さんでして、バイクを預けて9月にまた来るとか。
写真のエストレアですが、たしか走行9万kmを超えてました。
新車からずーーと乗ってるってかっこいいね

コンビニで今日の夜食を購入して、いざ本日のお宿

夕茜舎(あかねやど)に到着
CIMG2451
去年もお世話になりました。
今年は夕日に間に合ったね。
本当にここの宿の周りは、THE 富良野

というような景色
去年は雨に打たれながら夜に到着だったので、宿の名前にもなった夕焼けが見えなかったけど
今年は夕食前に散歩できるぞー
というわけでバイクを置いて散策ー
歩くこと3分
うあー・・・・・・・・
CIMG2452
絵画の中だねここは
CIMG2453
半壊デジカメに夕日モードなるものがあったので、散策しながら撮ってみる
CIMG2457
ちょっと風が出てて、金色のじゅうたんのように麦畑がなびいてる
CIMG2459
右側にちょっと映っているのが夕茜舎です。
本当にきれいなところ。ずっといたいね
CIMG2463
なんだかんだで結構歩いちゃった。
宿に戻って、素敵テラスにていろはす(北海道限定ハスカップ)を飲む
夕日が沈んだ後の景色もきれいだったね
さぁさぁ去年は食べそびれちゃった夕茜舎の晩ご飯
CIMG2464
びーふしちゅーーーーー

CIMG2465
まさかの富良野メロン!
うますぎるぅぅぅぅぅ
ええ・・・これで一泊二食つき5000円代ですぜ・・・・
ビーフシチューに使っていたジャガイモは「インカのめざめ」という希少な品種
栗のように黄色で、甘みがあるジャガイモ。宿のご主人から紹介を受けて
ご近所の農場から直接10kg購入しました。(もちろん送ってもらった)
このジャガイモめっちゃうまい!お勧めですぜ!
CIMG2467
お風呂も入って、
ビール片手に素敵テラスで虫の音を聞きながら一杯
あっという間に酔いが回って撃沈
おいしい料理と、きれいな景色。最高だね
明日はいよいよ北海道ツーリング最終日
最後まで楽しむよ!

このページのトップヘ