別に2014モデルじゃなくて、初代モデル(2010-2013)でも内容はほぼ同じだと

思いますけど、、、そしてインプレ書くのが初めて。うーん何書いたらいいだろ。

チラシの裏程度でメモしておきましょう。

ちなみにバイク歴は13年ほど。

エイプ >エイプ80(ボアアップ)>CBR250RR(‘96)>初代GB250>VTR1000F>CBR250R(今回)

大型乗ってた期間がそのうちの半分って感じです。用途はツーリングメインです。

今回は結婚・育児・引っ越しを期に大型からのダウンサイジングをします。


1.CBR250Rの2014モデルについて

DSC_0201

呼び方を2型とすればいいのか後期と書けばいいのか不明ですが、、、

2014年モデルだと旧モデル(随分前に試乗したのでうろ覚え)までの初代に比べて、

かなり変わってます。

 ・カウル全面刷新と2眼化

 ・エンジンの改良により、最高出力2馬力弱上がる。そしてなぜか燃費まで上がる。

  (実燃費に近いWMTCの値は旧モデル27km/l→新32.1km/l)

 ・シートフレーム周りの改善で足つきがすごくよくなった。

 ・メーター周りやホイールが黒くなって、若干安っぽさがなくなる。でも若干。

ほぼほぼフルモデルチェンジですね。ちなみに変わったところは↓な感じ。


車両重量(kg) 161【164】
最高出力(kW[PS]/rpm) 21[29]/9,000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 23[2.3]/7,500
燃料消費率(km/L) 国土交通省届出値:
   定地燃費値(km/h) 50.1(60)〈2名乗車時〉
WMTCモード値(クラス) 32.1(クラス 3-1)〈1名乗車時〉

あくまで数値上のお話なので、エンジン性能そのものが体感で大きく変わったのか?と聞かれると、「試乗程度の街乗りじゃわかんねえよ」が個人的な見解。まぁ横に並べて走ったり、サーキットとかだと変わるんでしょうね。数値上燃費は良くなったらしいけど、旧モデルと比べて1000km走って500円程度の差なので、あえて旧モデルの人が新モデルを悲観しなくてもいいのではと思います。新型は値段も5万円ぐらい高いしね・・・


2.CBR250R 足つき

旧モデルに乗った時に、どうしても気になったのが、若干横に張り出したシートでした。

車高そのものは変わってませんが、改良によって足つきが良くなった気がします。

172cmの短足体型ですが、またがったイメージだと

旧モデル→両方の踵が若干浮く状態

新モデル→片方はベタ足。片方はほぼベタ足。

じゃあ乗れない人がいるかと言われると、両モデルとも走りだしたり、信号待ちで片足つけて止まってるぐらいでは問題はなさそうです。150cm台の方でも十分乗れると思います。

足つきは新型CBR250R≒Ninja250ぐらいの印象


3.最高速について

海外の動画では152km/hぐらい出るみたい。新モデルはわかりませんが同じぐらいでしょう。まだ最高速アタックまではしてませんが、時速120km前後なら短時間で加速します。大型ほどとは言いませんが、他の250ccクラスと比べても、かなり鋭い加速感が得られます。

NinjaやR25はもう少し最高速が出るみたいですが、えらい距離直線がないと出ません。

最高速は若干差は出ますが、あまり日常では使わない領域かと思います。


4.高速道路での走行について

かなりいいよ。

驚いたのが本当に振動が少ないこと。高速もらくちん。

90~100km/hの6速巡航が一番得意じゃないかな。

追い越し車線で抜かす問は、一旦5速にしてぬふわkm/hに加速→6速切り替え

でもいいのですが、そのまま6速でも結構加速してくれます。

ちょうど6速100km/hで6000rpm付近

6500rpmで110km/h、7000rpmで120km/h付近

6000~7000に加速域があるので、6速のままでもぐいぐい加速していく感じがします。

大型に比べ余裕があるわけではありませんが、日帰り450kmのツーリングでは

以前乗っていたVTR1000Fとほぼ同じペースで走れました。

むしろ振動による手首や足の痛みもなく、快適に走れたと思います。

振動のなさと楽なポジションで、高速道路では優秀なツアラーとなりますよ。


5.乗り心地

シートは見た目よりやわかく、振動も少ないためお尻は痛くなりにくいです。

またリアサスペンションがよく動いてくれるので、強いギャップを感じることも

少ないです。

足つきが良いことと、サスペンションのおかげで、フラットダートも楽に走れます。

だからといってオフ車が行くような道に入ると死ねます。


6.燃費を教えなさいよ

新モデルになって良くなったように見える燃費ですが、まだあまり給油できていないので

以下の条件で測定

・誤差上等満タン法

・ルートはつくば市~常磐道~首都高~東名高速~富士山半周で大体220km

・途中首都高付近で渋滞あり、220kmの内130kmが高速、あとは下道

・特に燃費運転せず、普通のツーリングペースでGO

で6.75L消費して、燃費は32.59Lでした。確かに燃費はいいですが、

旧モデルのオーナー様のブログを見る限り、特段良くなった感じではありませんね。

高速道路よりも一般道で流れている方が燃費がよさげです。


7.風圧は?カウル付きでしょ?

うん。普通に風受けるよ。(ぁ

特にこの車種に限ってないけど、大型クルーザーのようなでっかいスクリーンがない限り、カウルついてても肩より上あたりに風が当たります。ネイキッドに比べるとそれでもだいぶ楽。純正スクリーンでも伏せるとちゃんと守ってくれます。他のカウル付きバイクと大きな違いはないと思います。


8.タイ製だろ?なんか不具合ないの?

今のところ大丈夫だよ。でも別にタイ製じゃなくても不具合はあるときはある。

初期の頃に見られたオーバートルクで締められているネジとかは、適正になったような気がします。あと全体的にアジアンバイクの色はとれたような気がします。

それでも調べるとCBRの持病っぽいものは稀にあるみたいだね。

・走行中エンストする。

 →組付けの際のバルブクリアランスが狭すぎたりすると起きるらしい。

  発生したらバイク屋さんにGO!バルブクリアランスの調整はそこまで

  お金かからないからね。

・バルブスプリングが折れる。

 →いくつかのブログで読んだけど、どれもレースで利用した場合に発生。

  単気筒エンジンで10000rpm付近まで常に回すので、バルブスプリングに掛かる

  負荷はとてつもないらしい。一般的な利用ではあまり報告例がないので、

  大部分のオーナーは気にする必要はないと思います。

旧モデルから世界各国の警察車両にも採用されていたり、ワンメイクや小排気量レースも

世界中で流行っているので、実績のある車体なんですよね。

世界では年間6万台近く作られてます。


9.R25やNinja250に比べて劣る点はある?

ツーリング用途じゃないんじゃない?

パラレルツインの方が総合的なエンジンパワーは上でしょう。

直線勝負したらしばらく並走した後、きっとどこかで抜かれます。でもそれは

ツーリングではほぼ使わない速度域のお話。

ツーリングでの疲れにくさはCBRはすごいぜよ

あと音がカブってのはいい褒め言葉。音疲れしません。住宅街でも平気

新型から多少純正排気音が良くなっているよ。アイドリングは相変わらず静かだけど。


10.維持費が安い?

安いよ。

とは言うものの原付と比べてはいけないね。

・1回あたりのオイル交換量がたったの1.4L(フィルター交換時1.5L)

・レギュラー仕様の30km/L超えの実低燃費

・バイアスチューブレスタイヤで展開豊富なサイズ(54Sと66S)

・チェーンも520VX(108コマ)で経済的(?)

消耗品関係のパーツは大型バイクの半額程度になるんじゃないかな。


11.どんな用途の人におすすめできる?

・友人(大型、中型問わず)とまったりツーリング

・大型バイクに疲れた方

・ツーリングメインの方、通勤通学でも併用したい方。

・低予算で維持費も抑えたいお小遣いライダー

・セローのカウル付きをお探しの方(ぇ

・レースもちょっぴり興味ある方

・北海道から沖縄まで、日本中をツーリングしてみたい方


こんなかんじかな。

まだまだ走れてないので、どんどん走ってまた追記したいですねー

個人的な感想なのであしからず。良いバイクですよー