R CastOff ~( ・ω・)~ 猫屋敷

バイクに乗ってまったりしているブログです。 更新はかなーり不定期ですけど、ごゆるりと。

カテゴリ: OLD_Bike


買い取り業者に売ることも考えたが査定が5千円とか言われた
なんかかわいそうだなぁ・・・こんな元気なのに

このバイクを買うときにいろいろ意見を聞いてくれた知り合いが
引き取ってくれるとのこと

バイクには自分より相当詳しいし大切に扱ってくれるだろうから
無料で差し上げることにした。
結局最後に整備してからしばらく後のことだった
SN3E0098
引渡し前の写真
次のオーナーさんも知り合いだし、会社で毎日会うことになるだろうけど
なんか寂しいね。
今度また乗せてもらうよ!
引渡し場所は近所の2輪館
せっかくなので二人で2輪館を見回りながらバイク話
ジャケットやヘルメットも買わないとな・・・
やっぱVTR速いからねー
とか話ししてました。
翌日
廃車手続きをするために新しいオーナーさんの下に行ったGBのナンバーを受け取った
新しいオーナーさん
「これもどうぞ」
SN3E0099
( ゜Д゜)
SN3E0100
( ゜Д゜)
SN3E0101
( ゜Д゜)
OGK FF5とKOMINEのチタニウムジャケットじゃないですかあああああああ
なんでも無料で頂くのは忍びないとのことで、先日2輪館で話をしたとき
自分がいいなぁ・・・と言ってたものをプレゼントしてくれました
ほんとに感動して泣きそうになりました。
そんなこんなでGBは自分の身を守ってくれる存在に
変わってくれました。
新しいオーナーさんにはほんとに感謝です。
あ 彼めちゃ飛ばすから壊れるなよ(=゚ω゚)GBちゃん


VTRを買う決意をしたころ、同時にGB250を手放す決意もした
本当であれば2台とも持っておきたいけど場所もお金もおそらく無理
このとき売却するか人にあげるかも決まってなかったけど
最後ぐらいきれいに送ってあげますか
ひとしきり洗車したあと点検整備を行う
SN3E0019
ボルトが飛んでいったマフラー接続部分
ここにも近所のホームセンターで買ってきたボルトで閉める
SN3E0036
ガタガタになっているチェンジペダル
これはステップとペダルの間のワッシャーがへたってるらしい
SN3E0037
これが問題のワッシャー
SN3E0039
ステップを取るとついてるワッシャーが見えます
SN3E0041
ひらべったくなってますね。
ほかのHPのオーナーさんはガタが大きいとき二枚重ねるらしい
新旧二枚重ねてステップを閉めなおす
SN3E0017
シリコンスプレー艶出し用
SN3E0018
エンジンの艶出しにもつかえるしサビ防止にもなります。
あとは引き取り手を決めるだけだな


(2008/7/16)
乗ったことある、もしくは一緒に走ったことある方はご存知かもしれませんが
普通のクラブマン(てか普通のバイク)様の場合

リアブレーキを踏む!
「カチ!」
ブレーキ「キュ 」
(`・ω・´)
うちの野良の場合

リアブレーキを踏む!
「ぐにょん」
ブレーキ「キーーーーーー・・・ギ
(  ̄ノ∇ ̄) ̄ー ̄)ヒソヒソ
(´・ω・`)
そりゃもう通行人様も振り返まする
メーター表示は約16000km
もしかすると調整だけで大丈夫かもしれないけど念の為交換しておこう
もしかすると20年間以上開けられてないかもしれないしな。・゚・(ノД`)・゚・。
TS350414
KITACO プレスカブ用ブレーキシュー
原付と共通部品なんだね orz
純正のブレーキシューはなんと「廃盤」
需要があれば復活するとは思うんだけど・・・いやな言葉だ
KITACOはエイプに乗っていたとき以来使ったことないけど、まぁ大丈夫でしょう
何はともあれ一番安く原付では(そりゃもう色々と)有名なメーカーだしね
平日にお休みを頂く機会があったので午前中から作業
外の温度は午前中にも関わらず32度
死なないようにがんばります。
TS350417
今日の対戦相手
何はともあれ手持ちの工具じゃアクスルシャフトをまわせない
前に買った車用のホイールレンチを使う為にはマフラーが邪魔になってしまう
2型以降の純正だったら大丈夫そうだけど・・・
TS350418
反対側も隙はない。
こりゃ・・・マフラー外すしかないな・・・・・
フランジボルト取るの怖いなぁ
TS350419
「バキ!!!」
といって回った・・・・壊したと思ったよあんた
TS350421
なんかのわっか(名前忘れた)
すごいサビだ・・・がお金もないしそのまま使う
TS350422
さてさて上の写真は車体左側のシフト部分
左マフラーが固定されている部分がありますね。
もう一個上の写真に注目
確かおいらは右のマフラーを外そうとしてたわけだが
・・・・・・・
このナットが右側マフラーまで貫通して友締めされてる
つまり左右のマフラーは同じボルトで止まっていると・・・
めんどくせええええええ!
TS350423
ここのボルトね。
はいはい外しますよ
TS350424
そのすぐ上にあるアースも外しておきます。
TS350425
結局両方外してしまった
試行錯誤・慣れない作業でここまでで1時間浪費
すでに汗だく
TS350426

中はまっくろだね~
はて?ガスケットらしきものが見当たらない

ううう
リアホイールに手をかけることなくその1が終わったぞ!
相変わらずの整備性の悪さだ。・゚・(ノД`)・゚・。
1本だしマフラーだったり、それなりに工具があればもっと楽なんだけど
その2は写真満載で行きます(グロ注意)
TS350429
ようやくアクスルシャフトゆるめました!
チェーンアジャスターは先に取ってしまったいた
TS350427
反対側もずらします。。
およ?なんかお菓子みたいな形の詰め物が
TS350428
ぽろっと外れる。
これでアクスルシャフトの後ろに邪魔者はなくなった
TS350430
ブレーキアームを抑えているねじを緩めます。
これを取るとブレーキアームも自由になります
くるくる・・・・
TS350431
くるくる・・・・・
ながーい・・が外せた
あとはチェーンだけだね
TS350432
↑写真の手前側にチェーンをひっぱりながら車輪を回します。
そうすると簡単にスプロケからチェーンが外れます
巻き込まれないよう注意しましょう
あとめっちゃ手汚れるから軍手しましょう・・・
これで車体とホイールをつなぐ物がなくなりました。
あとは後ろにひっぱるだけ!!!
TS350433
はずれたああああ!!
長いって!大変だって!
でも慣れたら早いんだろうなぁ・・・・
お店ではブレーキシュー工賃 約3000円・・・・
うーん
やってもらったほうが正解かもしれぬ・・
TS350434
車体から外したホイール
アクスルシャフトが付いてるから取ろうとすると
TS350436
およ?ぽろっと取れちゃった。
TS350435
おおお
ここまで初めて自分で開けたよ~
思ってたよりぜんぜん綺麗に見える。
ここから先はマスクをします。
特に古いバイクのブレーキパーツはアスベスト(有害物質)が
使用されている場合があります
かならずマスク着用で風通しの良いところでメンテしましょう
TS350437
左:今まで使ってたシュー
右:新品
古いほうは「HM」の刻印 ってことはHONDA純正なのかな・・
ほぼ使用限度の2mmでした
TS350438
ブレーキシューを挟めるところ。
これもブレーキクリーナーで洗います。
TS350441TS350440
↑直接シューが当たる部分(円筒状の所とマイナス型の所)にグリスを塗ります。
シューのライナーには絶対につけちゃいけません・・・
TS350439
シャフトにも薄ーーーーーーくグリスアップ
TS350442
くみ上げます。
先ほどのシャフトと組み付けホイールを元の位置に戻します。
TS350443
あとはチェーン調整だけですが・・・
何回図っても回転が悪くなるなぁとか思ってたら
思いっきりブレーキアームの閉め忘れが発覚
自殺願望じゃあるまいし・・・
上の写真のように両方のアジャストボルト位置が同じ長さになるように調整
以前はゆるゆるだったのでちょっと張りぎみに設定
TS350444
マフラーガスケットもついでに新品交換
交換って言ってもやっぱり元々入ってなかった・・・
なぜに?
それとも気が付かないだけでまだ中に入ってるの?
TS350446
封印
(マテ
TS350445
ようやく元通り・・・・
うん
やっぱり整備性悪い・・・
ブレーキのかかる位置も調整したのでしっかり踏めるようになりました。
キーキーも言わなくなった。
ただし始動後最初のブレーキの際に
リアブレーキ「ガリ!バチン!!」
って鳴る・・・
一回だけだけど・・・・
続くようだったらもう一度開けるんかなぁ


(2008/6/28)
前回の更新から会社の業務が熾烈を極め
気が付けば3週間も乗れない日々。
ある程度波のある仕事なので忙しいときは仕方がないのですが
さすがにGBは腐っているご様子。
詳しくは相模湖ツーリングの方でも書いてますが
やっぱりバッテリーが弱りきってました
うん
それはわかる
というか予想通り
むしろよくセルを回そうと
「ジー」
まで鳴ってくれたことに感謝
もうちょっと持ってくれorz
わけはいろいろ在るんですが、このバッテリー納車時についてたもので
まだ一年しか使ってないのです。しっかり充電さえしてあげればまだまだ使えるはずです。
その充電ができてなかったのは自分のせいですが・・・
で今日はというと
相模湖ツーリングを12時までに帰ってきた理由
自賠責切れました
(ツーリング当日の12時を持ちまして終了)
TS350415
3年更新(`・ω・´)
15,470円也
そして再来月は車の車検
類まれなる金欠です
今日はお金かけずに整備ですね。
軽く洗車したあとで錆とか出てきたところを磨いて給油
これでもすごい時間がかかってしまった。
んでリア周り↓
TS350294
チェーン君 汚いぞ
そういえばネスタさんと山梨ツーリング行って以来洗ってなかった。
TS350295
そしていつものメンバー
なんかこの写真何枚も撮ってる気がするけど一枚も載せてなかった
TS350296
洗う洗う
TS350297
真っ黒。
最近良く使っている便利グッツが右上に写ってるやつ
使い捨てのウェット
100円ショップで売ってるし油汚れがひどいところは
普通のウェスもあっという間に真っ黒になってしまうので
費用対効果で使ってます。
軽く車体も拭けて便利ですよー
今回で無くなったので次回以降は台所用の万能クリーナーを使ってみます。
(100円ショップで45枚100円)
TS350298
うむ きれいになった。
あとは給油しておしまい。
あいにく午後から雨。
なかなか進まないけど次回はこれだ!!!!
TS350414
ブレーキシュー様!!!
これ買ったのいつだよヽ(`Д´)ノ
だいぶまえ(`・ω・´)
放置してた。てか忘れてた。
日曜日も雨で何もできず、
次回は初めてのリア周り分解に挑みます!
てか初期型ってマフラー外さないとリア取れないのかな??
不安だ。・゚・(ノД`)・゚・。


(2008/6/28)
うううがあああああ
シーズンなのに・・・今年は走ると決めたのに(去年はヘッド破壊の為走れず)
乗れてないではないかヽ(`Д´)ノ
むしろ三週間はGB放置?
(いや途中ちょっと壊したりしてましたが・・)
そろそろ出かけたい気分 というわけで
ちょっとだけツーリング行ってきました。
とはいえ当日は諸事情により12時までに戻らなくてはいけなく
ご近所の相模湖を目指すことに
まずは深い眠りにつくGBを呪いの儀式を使って目覚めさせます
いつも通り走りがけとかいうやつです。
TS350407
そして目覚めるGB
先生 体力がそろそろ0です
こっちが眠りについてしまうわ・・
バッテリーの充電器をサンタさんに頼んでおこう
さてさて出発したわけですが
考えてみたらガソリンあまり残ってなかった。
15分ほど走って相模湖の山岳コースに入る前に給油する
いまレギュラー168円とかするんですね。
バイクならまだしも2000ccクラスの車だと一回の給油に8000円とか
だせねぇ・・・
まぁGBは1Lあたり28kmぐらい走ってくれるので10lも入れれば相当走れます。
給油も完了してGO!
カチン
ジー・・・
GOできません!
まさかのバッテリー上がり。15分じゃ回復しなかったか・・・
TS350408
ガソリンスタンド内で押しがけ
先生 体力が限界です
(まじで帰ろうかと考えた)
そんなこんなありましたが諦めずに相模湖に向かいます。
これで少しは充電されれば問題ないはず
そういえばブレーキ換えてから初めてきましたが余り大きな変化はなかったです。
これ以上のタッチを求めようとするとマスターシリンダーの交換とかになっちゃうので
ほどほどにしておこう。
バランスは純正が一番(´・ω・`)
TS350409
無事相模湖公園到着
駐輪場利用料金 70円也
20円ほど値上げしやがりましたね?
何でもかんでも値上げばかりだなぁ・・
TS350411
ちょっと雲は出てきたけどいい天気。
この公園好きなんだよね~
TS350410
む?
ボート?カヌー?よくわからないけど大会の練習らしい
がんばれーー
TS350412
夏用のウェア
HONDAのウィングマークがお気に入り
GBにはちょっと合わないかもしれないね~
着るとプロテクターでいかつくなれます。
TS350413
夏っぽいねー
芝生の丘に寝転がってたら本当に寝てしまった。
本当にここは居心地がいい
さてさて12時までに戻らないといけないので早々に帰宅します。
帰ったらちょっとは洗車しないと
そんなこんなで帰宅
TS350416
近所に住んでるねこがお出迎え
この子はGBのリアシートがお気に入りらしい。
寝てもいいけど傷つけるなよー


2008/5 連休2日目
雨ですね。
天気予報をみると関東地方だけ雨が降ってる
他の地域は晴天
嫌がらせとしか思えない
雨でもやっちゃうぜヾ(*'-'*)ノシ
TS350372
アクスルシャフトです。
上がP型用(新品)
下がE型用(今まで付いてたやつ)
取り付けのネジ部分や厚みがある部分が違いますね。
P型のほうが短いですが後でカラーが入ります。
新品が光り輝いてる
TS350373
駐輪場の中まで雨が吹き込んできた!!!!
熱が出てきた!!!(ぇ
負けません!!!!
TS350374
昨日仕上げたキャリパー君
サポートとの接続部分もグリスアップしてます。
TS350375
TS350376
メーターギア比較
左:P型
右:E型
色しか違わないのは気のせいだろうか
今回はキャリパーの色にあわせてP型のを使います。
そっちのほうが状態もよいし
TS350378
ここもグリスを塗ります。
このグリスを全て使い切るのは何年後だろう・・・
TS350377
仮止めしていたホイールを外します。
この作業はだいぶ慣れてきましたよヾ(*'-'*)ノシ
TS350380
装着
雨まみれ
止むって言ってたのに。・゚・(ノД`)・゚・。
後はマスターシリンダーとの接続ですね
まずはぶら下げてた旧キャリパーからホースを抜きます。
TS350381
また使うことはあるのだろうか?
この初期型キャリパーが好きって人も結構多いようです。
TS350382
接続
そしていつもお世話になってる金魚用エアチューブをつけて
いよいよエア抜きへ(`・ω・´)
エアチューブが付いてるところのボルトを閉じた状態で
ブレーキを数回握ります。ボルト開くとエアーの混じった
フルードが出てくるのでマスターシリンダー内のフルードが無くならない様に
何回も繰り返します。
TS350383
P型の中古は事故か何かで削れてたので
マスターシリンダーはそのままE型のを使います。
TS350384
マスターシリンダーのダイヤフラム。これも変えたほうがいいのかも
ネジがさびまくってる(´・ω・`)
そうこうやっている間にエア抜き終了・・
あれ?
あっという間だった。
そういえばE型キャリパーから抜いたあとすぐP型キャリパーにつけたから
ホース内にエアーがあまり入らなかったようだ。
普段だと30分ぐらいしゅこしゅこやってるのに(*´・ω・)(・ω・`*)ネー
TS350385
蓋を閉めておわり。
TS350386
今までで一番長かった
手間も掛かったが足回りがしっかりした気がします。
個人的にはこの形が好きなのです。
やっぱり自己満足なんでしょうねw
TS350388
友達の家まで試走がてらお散歩
パットがなじんだ後は結構がっつり効いてくれます。
E型と比べて飛躍的にとは言いませんがちゃんとブレーキしてくれてます
何よりE型のディスクローターはもう新品で出てないみたいなので
今後も安心かな?
そしてこれを書いている現在
熱 37.5度
あ がっ て き た www


2008/5 連休初日
先日頼んだパーツが届きましたヾ(*'-'*)ノシ
TS350354
やっぱパーツリストと比べても値上がりしてますね。
20%ぐらい高かった・・・
今日は一気にやりたかったのですが外は生憎の雨
今日のところはキャリパーのOHをしましょう。
TS350355
まずは分解。
と思ったらパットピンが硬いこと硬いこと

ラチェットレンチに6角レンチを取り付けて力技でまわす
TS350356
外れた!
それにしてもきちゃない。
TS350357
パットも外れました。
汚れを取ったらNISSINの文字
TS350362
おそらく純正パットのままですね~
ちょっと減ってますがお金も尽きてるのでこのまま使います。
そのうちまた交換しよう。
・・・・
しまった
TS350358
ピストン外すの忘れてた。・゚・(ノД`)・゚・。
ピストンの外し方
1.パットを取った状態でブレーキレバーを何回も押して出す。
2.エアコンプレッサーの空圧で押し出す。
3.ペンチでねじりとる。
>1.マスターシリンダーと既に分離済みなので無理
>2.エアコンプレッサー?何その高級品
>3.傷がついたらピストン新品交換の罠。最後の手段だなぁ
しかもかなり固着していて硬い
しかし専門の道具もない
・・・
考えること数十分
TS350359
まぁ無理やりねじりとったわけですよ
残ってるフルードが流れてきたので外に移動
もう行き当たりばったり
ちゃんとウェス挟んだのでピストンに傷はつかなかった
よかった・・・
ピストン一個で1000円超えるもんね
TS350360
とはいえ汚れは酷い。若干さびもでてる。
パーツクリーナーとウェスで汚れをとったあと800番相当のヤスリスポンジで研磨する。
最後はピカールで根気よく磨きます。
TS350361
金属っぽくなりましたね。
若干汚れは残ってますが滑らかなので問題ないかな。
お金に余裕があればピストンも交換したいところ。
TS350363
キャリパー側も掃除
結構ごみみたいなのが入り込んでて汚かった
洗うと金属の色がでてきますね~
外側は相変わらず汚い・・・
TS350365
新品のオイルシール&ダストシール♪
消耗品でも新品ってわくわくしちゃいません?
入れるのは簡単。キャリパーの溝にちゃこっと入ります。
TS350364
ピストンもIN
TS350367
はしゃぎすぎて
シール入れてる写真取り忘れてた
こんな感じで入ります。奥のシールのほうが太いです。
TS350368
おー
綺麗に入っていた。
抜くときはあんなに大変だったのに
TS350369
パットピンの写真取り忘れましたが綺麗に磨きました。
ピストンが当たるパットの裏にグリスを塗ります。泣き防止
万能グリス 4年前に400円で買ったけど無くなる気配がない
TS350370
組み上げます。
汚いのは外側と中古のパットですね~
TS350371
あんまりにも汚いので表側だけ800番ペーパーで少し磨きました。
ちょっとは取れたかな?
染みみたいなのはまた今度取ろう。とりあえず今は組み立ての専念だ
ひとまずキャリパーのOHはおしまいです。
あとは車体に組み付けるだけなんですが・・・・・
エア抜きが待ってます。・゚・(ノД`)・゚・。


2008/4某日
T.O.Cミーティングにて
会長ネスタさんのクラブマン通称Pちゃんを見て思った。
TS350316
↑Pちゃんのあんよ
やっぱり効くブレーキいいなあああああああああああ
写真は許可を頂いて撮らせて頂いたPちゃんの足回り
ぴかぴかですね~
クラブマンは型番によってフロントブレーキが変化しております。
E型(通称1型)だけはちいさい径(240mm)のブレーキディスク 穴なし
TS350266
前にフォークオイル変えたときに写ってたね。
この後ブレーキディスクは
H J型・・・・ディスク径大型化(275mmだっけかな?)+穴あきになった
L P S V型・・・・・大きさは変わらず穴あきパターンが変わった(CB400SSと共通)
キャリパーもあわせるように変わってます。
H J型・・・・通称バッテンキャリパー(中身はE型とまったく同じ)
L P型・・・NISSIN 2POTになった
S V型・・・・同じくNISSINだけど型式が変わった。フロントフォークの変更に伴った?
会長のはP型ですのでNISSIN 2POT+大型ディスクプレート
それにしたいんですよ!
というのもちょうどフロント周りのOHをしようかと思ってたんですよ。
理由1:ブレーキの引きずり
なんか人が振り返るぐらいにひどくなってきた

理由2:一度パッドもオイルまみれにした
パットは一度オイル吸ってしまうと制動力が落ちてしまうみたいですね。
理由3:スポークがさびてきた(いた)
これはあまり気にしてなかったけどE型はスポークも細いのです。
どうせだったら足回りをリフレッシュしたいじゃないですか
PA0_0214
早速買ってみた
P型のフロントホイール タイヤ付き!!
あ いつものヤフオクね
買ったのは去年の年末というのは内緒だ!
ちょっとずつお金を貯めながらね(´・ω・`)
地味にパーツを集めてました
TS350187
P型 NISSIN 2POTキャリパー
マスターシリンダーとホースのおまけつき
これもヤフオクで購入
しかしまぁこのキャリパーもいい感じで腐敗している・・・
下手したら今より酷いかも
要OHですね(´・ω・`)
ちなみにE型から単純に大口径ディスクにしたいだけの方は
H J型のキャリパーサポートがあればE型のキャリパーが使えます。
注意:それ以外にもパーツが必要になります。
詳しくは後の方に書きますね。
まずは新しいパーツがうわさ通り収まるかフィッティングします。
必要なパーツがあれば後でまとめて買ってこよう。
TS350345
まずはホイールを外します。
んで
前回外れませんでしたこのアクスルシャフト
TS350344
クロスレンチ買ったぞおおお
980円
これなら外れそうだ
TS350346
外れた(`・ω・´)
やっぱり工具は大切だね~
TS350347
さっそくP型ホイール履かせて見た
かっこえええええ
ちなみにタイヤはDUNLOP K300中古 溝はあるけど硬い
まぁ飛ばすような走りしないし ひとまずはこのまま
TS350348
TS350349
キャリパーも装着!
かっこえええええ
TS350350
E型のキャリパーはウィンカーにぶらさげて置こう
ちょっとカワイソ(´・ω・`)
やっぱり純正部品で尚且つあまり変更点が多くなかったクラブマンだけあって
けっこうぴったりハマッてくれました。
そのなかでちょっと気になる点が・・・・・
TS350352
アクスルシャフト君ですね。
なんか君最後まで入ってなくないかい??
パーツリストを漁ってみると
ああ
変更されてるよアクスルシャフト君
。・゚・(ノД`)・゚・。
E型
H J L P型
S V型
で部品が変わってる。
多分S V型はフロントフォークが変更になったから違うのだろうけど
E型だけのオンリーワン部品多すぎ!!
TS350351
裏側も最後まで入ってないし・・・
TS350353
ゴムとの隙間もある
H型以降はここにカラーが入ります。
カラーはホイール買ったときについていた。
あと気が付いたのはメーターギアの違い。
パーツリストではP型とE型では違うらしい?
ホイールのおまけでP型のメーターギアがついてたので確かめてみよう
というわけで部品を注文してきました。
注文したのは
アクスルシャフト 44301-MA6-000
キャリパーのオイルシールセット 06451-166-405
手持ちのパーツリストは平成11年発行
さすがに今じゃ値段も変わっているだろけど・・
出るだけマシなんでしょうね(´・ω・`)


TS350270

いや
前々から感じてたことなんですが
あまりにもフロントフォークがくにょんくにょんで
恐いであります!
以前より他のクラブマンサイト様にてGB250のフロントサスは柔らかすぎる等
言われておりましたが・・・・どーも自分のGBもそのようです。
予想通り
orz
さてさて調べると皆様自分の思い通りの感触にさせようと色々やってらっしゃいます。
・フォークスプリング交換(WP製とか)
・カラー挿入(フォークのトップ部分にカラーを入れて伸縮性を高めます)
・いっそ他車種流用
などなどあるんですが
まずは直そう (´・ω・`)うん
TS350274
いつも通り マイナスからのスタート
やっぱりスプリングの磨耗具合の確認とフォークオイル交換がしてみたい。
バイク屋のおじちゃんに以前相談したがフォークオイルをちょっと固めで入れるだけでも
十分タッチは硬くなるとのこと。
用意するもの:
フォークオイル(なんかHONDA製はどこいっても売ってないのでSUZUKI純正)
廃油捨て(ホームセンターで250円)
軽量カップ(100ショップ)
パンタジャッキ(ドンキホーテ1500円)
勇気(プライスレス)
フォークオイルは粘度15を用意。純正はおそらく10
まずはフォークのトップボルトを緩めます。
TS350260
緩めるだけ
22インチぐらい必要 今回は無いのでモンキーレンチでやっちゃった(´・ω・`)
ジャッキアップ!
はじめてやった(ぇ
TS350261
センタースタンドあると便利だねー
あとはフロントタイヤをはずs
TS350262
外れないよママン。・゚・(ノД`)・゚・。
やっぱトルク掛かってるなぁ
こまった・・・・
フロントフォークを引っこ抜いて裏返しにしてオイルを抜く予定だったのに
さっそくできません

ヽ(`Д´)ノシナチクー
ん?さっきの写真をよく見てみよう
TS350262[1]
まわそうとしているシャフトの上の部分。
ちっこい10mmボルトがある・・・
ここからオイル抜けるんじゃね?
クラブマンも後期のモデル(5型?)には無かったような
さすが初期型
何でもあります。(色々と★)
TS350265
そうと決まればトップボルトを抜きます。
びよーんと勢いでバネが出てくる。
よかった
ちゃんとバネじゃないか(ぇ)
TS350263
抜いてみた。
わかりずらいが上と下でバネの密度が違う。
上のほうが密度が高い。
あとはフォークの下に廃油捨てを準備して

例のボルトより
抜いてみた。
TS350264
クロ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!?
たちこめる異臭
腐ったオイルの臭いだぁ・・・
TS350266
続いてディスク側
TS350267
やっぱりクロ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!?
(´・ω・`)こりゃひどい
前に変えられたのは何年前なんだろう
いや 何十年前なんだろう・・・
粘度なし。さらっさら
TS350268
写真なんかとってるから
あたり一面にばら撒いてることに気が付かず。
ディスクがオイルまみれだ。・゚・(ノД`)・゚・。(危険)
その後ジャッキを上げたり下げたりしながら残っているオイルを抜きます。
オイルが抜けきるまでバネの長さ測定。
TS350269
サービスマニュアルには462mm以下で交換
475mmぐらいか?許容範囲内らしい(´・ω・`)v
TS350270[1]
SUZUKI様!!
(最も安かったオイル様)
TS350271
赤い!
クロじゃない(当然です)
上の画像と比べると偉い差だな・・・・
規定量は205cc - 210cc
何はともあれオイルを入れて無事完了
ここで問題が。
フォークのトップボルトが入りません。
バネが強すぎて抑えてるのが精一杯
最後の最後で壁が・・・
モンキーレンチじゃ大きすぎて自由に入らないし
こりゃ友達でも呼ぶしかないかなとか工具をしまい始めた
TS350272
もってるじゃん! 安物22mm
再チャレンジ
TS350273
できた!!
工具は本当に便利だね~ エイプの時に買っておいてよかった。
走ってみた感想
ディスクにオイルなんてかけるもんじゃない。
とまりませんょ全然
洗ってもう一度挑戦
おおー
すごい
沈み込まないし ちゃんと押し返してくれる。
一段階上の粘度でちょうど良い感じ。
これなら峠道も恐くないかな?
後サスペンションがまだ踊ってますが・・・・・
受難は続きそうだ(´・ω・`)


(2008/3/2)
TS350249
これまで色々いじってきたが
やってることはほぼ修理でしたな
まぁほらカスタムしたいじゃん?
でもお金ないしな
それでもしたいのがカスタムってもんです。
カスタムは「バイクと乗る人がより親密になること」であると感じます。
どんなバイクであれノーマルでも十分な能力はあります。
あとはユーティリティであったり、能力の引き出しだったり、外見の変化だったり
さまざまな方向でバイクに愛情を注ぎ、親密になっていく・対話していくことだとおも
まぁ要は自己満足ですよ
ついでにこのバイクにとってはこれ以上能力引き出したら
どこが壊れるか解りません。
外見は
すでにボロいですのでそれも修理に入ります。
となるとユーティリティなんですかね
普通のサラリーマンですので走るのが週末になります。
時間を有意義に使いたいので走るのは早朝が多いです。
もしくは夜ですね~
特に最近は高速道路も使わなくなったので
夜・早朝下道を走ると真っ暗なんてのがざらです。
もうちょっとライト明るいと助かるんだが。。

ふと思い出した。
一昨年CBR250RRに入れようと思って買った
「格安フォグランプ(車用)」
c⌒っ・ω・)っやってみますか。
そもそも先々週バッテリーが逝きかけてたのに電装カスタムですかい
(´・ω・`)わすてたたた
TS350241
彼に頼るしかあるまい。近所のホームセンターで198円
TS350243
手前三つが少なくなってたので入れます。
MFバッテリーなら楽なんだろうけど。
ここまで先週やったこと。
効果↓
入れる前:1週間放置でセルが回らず
入れた後:1週間放置でもセル回復
さてバッテリーも元気になったことだしやるかね
TS350240
オートバックスとかドンキホーテに2980円ぐらいで売ってるやつ
2年前にワゴン品で1980円だった
埃かぶってた
うーん
ついでに説明書無くしてた
えへ★
まぁなんとかなるっしょ
内容はH3ライト2つと付属ステー、リレー、配線一式、スイッチ、
コネクタとか両面テープとかもついてたけど説明書と一緒になくしてた
結構本格的だなぁ
リレー一個買っても800円とかするしな
かなりお買い得
TS350245
とりあえず外装剥ぎ取って配線のレイアウトを決めます。
アースは適当にシートフレームに固定
+からリレーから接続するライト電源、スイッチ、連動の為のラインをフレームを通しライト部分へ
TS350244
ライトケースを外す。
グロいですな。
今回はポジションランプがONの時にフォグライトがON/OFFできるように
下の写真のポジションランプに繋がる茶色の線に連動の為のラインを接続します。
TS350252
これね
しっかしポジションランプも古さを感じるな~
TS350253
こんな部品でガッチンと。
TS350246
あまった配線はライトケースに押し込めます。
写真ではぐちゃぐちゃですが中で円を描く様に巻いてます。
TS350250
ライトステーはねじれたやつを使用。穴が小さいので削りました。
これをヘッドライトステーとヘッドライトの間に友締めします。
TS350239
↑結局取付位置は写真とは反対側にしました
TS350247
ライトスイッチはここらへんにしか置けない。
使いづらいが仕方ない。
TS350248
あとはゴリゴリつけるだけ。
タイラップやら両面テープやら全て100円ショップで買ってきた。
あとはステーごとヘッドライトを取り付けて・・・
配線を固定後にバッテリーとの接続
接続はプラスから
(外すときはマイナスから)
きほんですな
TS350254
点灯!!
ちょwww明るすぎwwwwwwwww
TS350256
フォグOFF時
TS350255
フォグON時
まぁステーの取付部分が削ったりボルトが小さかったりして
ちょっと不安が残るけど多分大丈夫だろう
あとは夜を待って光軸の調整と効果の検証と行きますか~
TS350257
いつものヘッドライト~ H4なので明るいっちゃ明るいんだけど
ハイビームは心もとない。
TS350258
やっぱりフォグの方が明るい
おまけに安物なんで上にも下にも散光しまくりw
まぁそれでもハイビームと考えればいいかなー
普段使わないし。
やっぱ自己満足
外見の写真取り忘れたなぁ・・・
最後に気が付いたんだが
フロントブレーキ押してもブレーキランプ点灯しなかったんだね
今気が付いたよ orz
(配線が切れてました)
参考までに掛かった費用:
フォグライトセット:1980円(オートウェーブ)
配線タイラップ+ビニタイ:合計200円(100円ショップ)
ヤスリ:100円(100円ショップ)
両面テープ:100円
配線コネクタ:250円
汎用ステー:240円
合計金額:2870円
まぁ安いほうかも?

このページのトップヘ