R CastOff ~( ・ω・)~ 猫屋敷

バイクに乗ってまったりしているブログです。 更新はかなーり不定期ですけど、ごゆるりと。

カテゴリ: 北海道ツーリング


2012/7/16
道内2日目
知床散策に行く前に腹ごしらえです。
というのもこの先お店らしいお店無いからね
CIMG2221
一休屋
結構ツーリングマップで有名なお店。
旬のうにといくら丼もあるけど、やっぱり食べてみたいのは
さけいくら丼だね
お昼時だし連休中だしってことで結構な混雑
20分ぐらい待ってようやく完成
IMAG0391
さけいくら丼
まるで宝石箱ですうまいです。
真ん中にあるのは、鮭の肝臓の塩辛「めふん」です。
珍しい料理ですし、300円なので頼んでみました。
これがめっちゃ美味しかった。
酒のみてえ
(飲めんけど)
さぁいよいよ知床五湖へ向かいます。
こっから先は常時クマ出没注意ゾーンですぞ

CIMG2223
切り立った絶壁に道を通したようなところを進んでいくと
オホーツクを航行する観光船を眺めることができます。
うむ
上からの優越感
こんなところで停車して写真取れるのもバイクならではだね。
五湖まではここからしか取れなかったけどな!
(気持よく走っちゃった・・・)
CIMG2224
こんなかんじで走るんだぜー
そりゃ気持いいさっ
進むこと10kmほど。
知床五湖フィールドハウスに到着ー
CIMG2225
連休もあってかものすごい観光客
駐車場がいっぱい
でもバイクなので端っこに置かせてもらう
五湖といっても1つは桟橋を通って見ることはできるけど
残り4つはガイド付きのツアーに参加しないとだめっぽい
3時間コースで5000円って、お金はともかくちょっと時間長いな
とりあえず無料で見れるらしい1湖を見てきますか
CIMG2226
フィールドハウス横にある道から桟橋へ
熊が出没するので、安全に観光できるように最近作られたらしい。
まぁすぐ着くだろう
と思ってましたが・・・・
CIMG2227
ちょっと長くね?
龍の道?
CIMG2228
高さは5Mぐらい。
紐に見えるのは電気柵です。
こりゃあ熊いても登ってこれないな。
CIMG2229
知床の山々が見えますね。
これはめっちゃ気持ちい
さっきの写真の端っこあたりまで到着
で・・・
CIMG2230
まだ全然続いてた。
CIMG2234
向こうにはオホーツク海が視えるね
天気も相まっていい景色の中を更に歩きます。
CIMG2236
歩くたびに木の音がするのはいいね
CIMG2237
知床一湖ついたー
桟橋を歩いて20分ぐらいか。
結構なコースだな・・
湖の前は休めるように大きめのひろばがあったよ。
CIMG2238
ここでガイド付きツアーと合流するのね
いやいや無料の桟橋でも十分に楽しめますよ
往復50分ぐらいだけど
山あり海あり樹海有りですばらしいね
さてさてまだ2時半ぐらいか?
バイクまで戻るー
・・・(´・ω・)
どうやらこの先のカムイワッカ湯の滝まで行けるらしい!
IMGP1263
google先生から(ry
中々行けない秘湯だし、行ってみたいね!
CIMG2241
10kmダートだ・・と( ゚д゚)
道が途切れておる・・・さすが秘湯
ある程度整地された神の子池と違って
10km山道でダートだとさすがに無理だなぁ・・・
うーんオフロードバイクがあれば・・・・
また次の旅の目的にしよう。
時間も微妙だし、ウトロまで戻って
知床峠を途中まで行ってみましょうか
んお?
CIMG2242
こんな山奥で渋滞?
みんなで指さしてる先に
CIMG2243
ん?
CIMG2244
( ・(ェ)・ )
くまあああああああああああ

CIMG2245
まさか本当に道端で熊に会うとは
最大望遠にしているけどだいぶ大きい。
あと二匹いた。うーんツガイ?親子?
あとで聞いた話だとめったに見れないらしい。
得したね!
真横に出たら死ぬけどね!
CIMG2247
気を取り直して知床峠を進んでいこうー
緩やかなワインディングを抜けていきます。
っと
CIMG2248
通りすがりのきつーね( ゚д゚)
さすがにこんなに間近に野生のキツネ見たの初めてだよw
知床富士が見えるポイントまで綺麗なワインディングが続きます。
これはいい道
写真撮り忘れるぐらい(ぁ
maps11
知床峠途中の駐車場まで走りました。
といってもウトロから10kmぐらいだけどね
地図見てもわかるかもしれないけど
CIMG2250
知床富士(羅臼岳)
まだ雪残ってるよ(7月ですぞ)
CIMG2252
樹海も綺麗
知床っていいね
走るのも見るのも大自然を満喫できる感じがいい
さて・・・名残惜しいけど今日の宿は前回もお世話になった
サロマ湖のさろまにあん
ここからだと150kmぐらい戻る必要があるので
ちょっと早めに切り上げます
また来るぞ知床ーーー


2012/7/16
道内2日目
神の子池を回りつつ
裏摩周を抜けて道道150号線を開陽台方面へ移動します。
maps6
今日は○の部分を大体移動するので、もうちょっと拡大します。
移動距離そのものは1日目より無いはず。
maps8
こんなかんじ(文字がちょっと小さいね)
屈斜路湖から摩周湖を抜けて、開陽台へ向かいます。
上の地図の赤いポッチが開陽台だけど、
とちゅうの看板が解りづらくて若干迷子った
緑の丘を抜けて群々坂道を上がります。
開陽台が見えてきたっ
CIMG2189
何このバイクの為のような道路
感動しちゃう・・・
CIMG2190
横を向くと大平原

ちっこく映る牛が・・・
CIMG2193
地球がまあるく見える開陽台の駐車場
結構バイクも多い。そりゃいい景色だからなぁ・・・
若干今日は曇が出てるのが残念
CIMG2198
うひょー
CIMG2197
いい景色
写真はへたっぴ
半壊コンデジではコレが限界なのが辛い。
CIMG2199
お?
CIMG2201
クローバーの丘にもあった幸せの鐘だね
去年はおもいっきり鳴らしたので
今年はやんわりと・・・
CIMG2202
展望台にいた人が振り返るぐらいおもいっきり!鳴らしました。
テヘペロ
Come On 幸せ!
階段を登った先にある展望台に行きます。
入場は無料。なんともすばらしい
CIMG2204
展望台からの景色
あー 北海道に居るんだなーっ
て感じがするね
ここはまったりできて景色も良くて、風も気持ちよくていい場所
知床はまた違った景色が見れるんだろうなぁ・・・
よし。
いざ
知床に向かうぜ!
CIMG2205
アイス食ったらな!
はちみつみるくソフト
なまらうまい
道道975号線を通り、標津を抜けます。

この975号線もまた・・・・
CIMG2206
どえらいまっすぐ
あんまりにもまっすぐなので気持よく走ってると・・・
CIMG2208
ガソリン入れ忘れてた!
地図を見る限り、この先大きな国道(242号線)に出る予定だけど
国道にも関わらず150kmぐらいガソリンスタンド無いんじゃね?
というわけでガソリンを入れに、
ちょっぴり15kmほど戻ります(ちょっぴり?)
本当に北海道はガソリンスタンド逃すと危ないね
熊の出没情報があるところで数時間レッカー待ちとか洒落にならん・・・
ガソリンを入れた後は再度国道に入り
242号線をただひたすら北上します。
130kmぐらい下道オンリー
間に信号なんて数えるほど無かったぞな・・・・
maps10
長い長い道のりを眠くなりながら突き進んで
ようやく国道334号線
知床国道に入ります
CIMG2209
オホーツクーーーー!!!
1日ぶりー!(ぉ
CIMG2210
小樽から山の中走り続けてたもんね。
北海道を文字通り横断したって感じ
ちょっと疲れも飛んだぜー
天気も晴れてきた!
CIMG2213
この知床国道はいいね!
綺麗なオホーツク海を望みながら緩やかなワインディングと
大自然の景観
バイク乗りでよかった

なにやら右側に観光スポットっぽいところ。
車がみんな入っていくね。
CIMG2214
便乗しましょう
CIMG2215
もう道路から見えてるんだけど
CIMG2216
オシンコシンの滝
国道の真横にこんな雄大な滝が・・・
CIMG2218
うおーめっちゃ綺麗
CIMG2220
海にダイレクトフロー!
わいるどぅ・・・
さらに北上するとウトロに到着
ここは観光船の出発地にもなっていたり、知床観光の拠点になるところだね。
町中にでっけえ岩があったりしますが・・・
googlesensei1
※上記写真はgoogle先生にお借りしました
ゴジラ岩ですね。
どう見てもゴジラに見えますよね?ね?
さてさて知床はどう楽しもうか・・・
観光船は2時間~3時間ぐらい掛かって料金も5000円前後が大体。
うーん観光船乗っちゃうと知床五湖とか知床峠は難しいかなぁ・・・
と悩んでいたら
北見から来たという地元大学のバイクサークルの人に声を掛けられる。
彼らは初心者を連れて知床までツーリングらしい。
いいねー こんな近くにツーリングスポットあるなんて羨ましい
観光について相談した所
知床五湖と知床峠の方が綺麗ですぜ?
という意見に流されてみました。

大学生グループをお見送りした後はちょっと腹ごしらえして
知床五湖に向かうぜ!


2012/7/16
道内2日目
うぉっ・・・・はようございます。
昨日はお風呂入ってビール一杯飲んで・・
うん
落ちてたね☆
朝ごはんはホテル・・・というか古き良き旅館だな。
の 朝ごはん
IMAG0387
おう
優しそうなご飯だね。
食堂のおばちゃん「あなた若いんだからいっぱい食べなさい はいごはん!」
どん!
どん?
IMAG0388
専用お櫃だと・・・(;゚Д゚)
No more おかわり
IMAG0386
今日もよろしくね
北海道にくる直前に入れ替えたマフラーは結構良い感じ
ただたまにエンジンブレーキ中に微かにポンポン言ってる気がするが
まぁ概ね大丈夫でしょう
でわでっぱつ
CIMG2161
屈斜路湖の周りの道はいいね。フラットでゆるやかなコーナー
すばらしい。
このあたりでツーリングに出かけて900kmぐらいかな?
CIMG2163
タイヤが真ん中がフラットに!
これも一応偏磨耗に入るのかな?
まぁ北海道二回目だしね。
CIMG2164
神の子池を目指して裏摩周を目指します。
CIMG2165
今日もいい天気らしい。
いいね。新潟に行くまでに濡れた分は晴れてて欲しいね
20kmなんてあっというま
CIMG2166
ついた
この入り口からが勝負です。
CIMG2167
クマ出没中(・(エ)・) クマ-
も怖いんだけど
ダートです
苦手というかSS(笑)にダートはダメだって
CIMG2169
あがががががが
結構フラットなので大丈夫そうなんだけど
途中で何箇所か砂利が盛られた場所があって
まじこわかった
CIMG2168
なんとか駐車場まで到着・・・
2kmがめっちゃ長く感じたぜ
CIMG2170
まぁ池といえば池なんだけど
湧き池なんですよね
説明のとおりなんですが澄んでいてとってもきれい
CIMG2173
おお
綺麗な川
結構な水の量が多いね
CIMG2175
神の子池到着
オンネトー湖とはちょっと違うエメラルドグリーンの湖
まさしく神秘的
CIMG2179
よく見ていると底から湧き出る水の流れが見えます。
さっきの川はこの湖から流れているみたい。
一日1万2000tの量ってのも本当みたい。
すげぃぃ
さてさて名残惜しいが今日は知床に行くので
再度あのダートを戻り次なる目的地に向かいます。
知床にいく途中にあるバイク乗りの聖地(?)
開陽台に向かいます。
CIMG2182
お 途中でいい丘が
CIMG2186
北海道っぽいね。東京ドーム何個も入りそう。。広すぎる
CIMG2188
摩周湖から開陽台に抜ける直線はいいね
景色も最高だ
天気は曇ってきちゃったけど
行ってみたかった開陽台までもう少しだ


2012/7/15
道内1日目
ほら2ページでも収まらなかった!
(え
相変わらず1日目が濃厚です。
CIMG2130
阿寒湖の周りは旅館や観光船の乗り場があって
まさしく観光地として整備されていました。
今日は連休だから流石に人が多いね。
しばらくぼーっとしたいんだけど・・・・
まだ先があるのでもうちょっとバイク乗ります。
だがしかしここまで来れば後少し。

maps5
いやー
走ったなぁ
CIMG2132
摩周湖展望台に向かう途中
上の写真の阿寒湖から数十km程度なんだけど
なんかもう霧です。
CIMG2131
うーん嫌な予感
さっきまで晴天だったのに、水滴がつくほどの霧
さすが霧の摩周湖
でも霧の状態はコロコロ変わるから上に行けば晴れてるんじゃ?
さらに登ること数km
摩周湖展望台の文字がヽ(`Д´)ノ
ようやくついたーーーー
さぁ見てみよう
摩周湖ブルー!
CIMG2134
ですよねーー
(・ω・)
(;ω;)
。・゚・(ノД`)・゚・。
CIMG2136
悔しいのでザンギ(鳥の白唐揚げ)を食す
うめぇ~(*・ω・*)~
展望台にはおみやげ屋さんも盛況にやってた為
会社へのおみやげを買って送ってもらいました。
バイクだと運ぶのは難しいからね
CIMG2137
霧は濃くなる一方だね。
もしかして下も雨が降っているんじゃないだろうか?
今日の宿はおとなりの屈斜路湖畔にあるので、一旦展望台を降ります
CIMG2138
晴れてるじゃないかYO
CIMG2140
うーん
北海道のお天気は難しい。
そろそろ5時に近い。
そういえば夕日を望むため美幌峠に行く予定だった
いそげー
あ 馬
CIMG2141
ポニーなのかな?
お馬さんにつられて寄り道(*・ω・*)
CIMG2143
屈斜路湖と摩周湖の間にある牧場
乗ることもできるらしいけど、もうおしまいの時間だね
CIMG2144
ほとんど放し飼い状態。
のどかだねーー
はっ
美幌峠行くんだった
牧場を後にして屈斜路湖を目指します。
しばらく行くと
看板【←硫黄山】

まじで!おもしろそう!
(ぉ
CIMG2145
湧き上がる湯気と硫黄臭

平原の中に突如見えたハゲ山の硫黄山
北海道すごいなぁ・・・
もう17時過ぎていたので売店も閉まっていた。入るのは自由らしい
CIMG2146
本当に日本かここは
結構観光客が多いね
CIMG2148
でかいねーー
CIMG2149
硫黄の噴出口
すごい勢いでガスが出てきてる。
ここで別のグループのお兄さんが携帯で写真を取ろうとしたら
硫黄パワーで携帯が壊れるハプニング
硫黄ぱねぇ
CIMG2151
周りは木々溢れる森林なのにここだけ別世界だぜ
はっ
CIMG2150
日が暮れる~
美幌峠は明日かな。
今日は屈斜路湖でご飯を食べてから宿に行くよ
このあたりはザンギ丼や豚丼がおいしいらしい
ザンギはさっき食べたから豚丼たべようかね
CIMG2152
食堂居酒屋 三三五五
閉まっちゃったか?と思ったけど夜の部が18時からとのこと。ちょっと待って入店
CIMG2153
餅豚丼
甘めのタレに非常に柔らかく仕上がった豚丼
トロのようにとろけます。
うますぎるだろぅ~
お宿はすぐそこ
CIMG2155
本日のお宿
屈斜路湖ホテル
屈斜湖畔にあります。いやー・・走った走った・・・・・
550kmぐらいか?
CIMG2156
屈斜路湖
色濃い一日目もようやく終わり
明日以降はもうちょっとゆっくりになります。そしていよいよ知床です。
しっかりコースを考えt
ぐーーーーーーーーーー
おつかれさまでした


2012/7/15
道内1日目(その2)
ほら1ページじゃ収まらなかった!
朝から動いてるだけあって、一日目の記録はまだまだ続くぜ!
ケンとメリーの木の横の記念館っぽいお庭からは、美瑛の丘を眺望できます。
CIMG2102
雲の形が綺麗だね。
IMAG0377
これは子供が喜びそうなブランコ
ハイジ並のジェットコースターじゃなくてよかった。
(あれ実際にやると時速70kmとか出るらしいね)
ケンとメリーの木を離れて、さらにもうちょっと散策
前回結果的にスルー(迷った)してしまったジェットコースターの道に行こう
CIMG2105
ジェットコースターの道
反対側から撮ったほうが綺麗だったかな。
ここだけに限らず、もっとジェットコースターっぽい道が北海道にはいっぱいあります。
CIMG2107
美瑛の丘をぶらぶらしてみましたが如何でしょうか。
ここは本当にお勧めですね。
自転車やバイク、車でまったり散策すると一日中居れます。
東美瑛もいいところあるから、そこは復路の際に見ましょう。
それでは予定していたコースに戻ります。
CIMG2108
富良野の町で給油した際に2012年モデルのホクレンフラッグもらいました。(100円)
道央は赤なんですね。かっこいい
おっとそろそろお昼。
富良野の町を出てしまうと、しばらくご飯にありつけないので
ちょっと早めに富良野でお昼を食べていきます。
CIMG2109
カフェレストラン かりん
チーズラーメンなるものが気になったもんで。
CIMG2110
よくばってみようかな。
CIMG2111
よくばりチーズラーメン
じゃがばた・コーン・色々入っているー
チーズとろけてうまああああい
ただ途中からチーズの酸味と量がかなり胃袋を圧迫
なんとか完食となりました。。
げぷー(´・ω・)<
さぁさぁバイクも満タン・お腹も満タン
気合をいれて摩周湖目指しますよ
まだ350kmもありますしね
CIMG2112
国道38号線を南下して道東道を目指します。
途中いくつも写真スポットあり、パンダスポット有り、でうれしいやら怖いやら
CIMG2113
トマムICを目指します。
maps4
ちなみにトマムICは矢印の当たり
・・・・・
今日目的地遠くね?
(既に250kmぐらい走ってるんだけど・・・)
そりゃあ・・かりんのマスターに「大変だね」って言われるよ
まぁ気にせず楽しみましょう
時間はまだあるからね
道東道に入ったら、100km手前ぐらいでちょっと休憩
さすがに疲れたので甘めのコーヒー飲みます。
CIMG2114
いつのまにかSUZUKIに囲まれる黒猫号
いや・・GSRも刀も良いバイクですよええ。
CIMG2116
このPAはドッグランもあるんですね。
なんとも北海道らしくワイルドだね
犬苦手だけど
遠いとはいえ足寄(あしょろ)ICまでは只々高速なので、比較的に楽に進めます。
高速に乗ると大型バイクの恩恵がもらえますね
虫が当たった時にめっちゃ痛いっす
(どんなバイクでも痛いよね)
足寄ICを降りて給油した後は、ひたすら東へ国道241号線を進みます。
国道241号線はツーリングに良い道として知られているね。
CIMG2119
確かに木漏れ日の森の中を走り抜けていくようでめっちゃ気持ちがいい・・・
あ 適度にパンダさんの目撃情報があるからゆっくりね(´・ω・)b
CIMG2117
国道の横に牛!
CIMG2118
特に柵とかは無いのね。
まさに自由
牛は癒されるね(*・ω・*)
阿寒湖のちょっと手前にオンネトー湖というスポットがあるらしいから見てみよう
CIMG2121
でんと着いた。
ここは淡水の湖なんだけど
CIMG2122
エメラルドグリーンなんですよ

いやKAWASAKIじゃないです。湖の事です。You See?
CIMG2126
阿寒富士をバックにめっちゃきれいー
CIMG2127
本当はもっと奥に行けるらしいけど時間があまり無くなってきたので
また今度だね(´・ω・)
でも阿寒富士が見えたので阿寒湖までもう少しだね
国道に戻り更に東へ
っと
前から来た車がパッシング
ん?
いるのか
法定速度-5km/hでじっくり行く事数km
完全にこちら側からは見えないように
神憑り的に茂みに隠れる白黒の機体が

こわーーぅ・・・
僕悪いVTR1000Fじゃないよ!(悪い色してるけど)
びくびくしながら更に東へ
CIMG2128
阿寒湖到着!!
いやー遠かった


2012/7/15
道内1日目
ガランゴロン

ん?そろそろ着いたのかな?
前回と同様、寝てるところが車両甲板の直上にあるので、着岸の準備している音で起床
といっても下船までまだ1時間ぐらい時間があるんだけど。
バイクは大体最後だしね。
とりあえず顔を洗って、歯を磨く。
コーヒー片手に後方甲板へ。
CIMG2062
北の大地がすぐそこn
寒ぶぅぅぅぃぃぃぃいやっほうぅぅぅ
(気温14度 装備:Tシャツ一枚)
こりゃメッシュジャケットじゃ死ねそうだな。
某巨大掲示板では度々話題にあがる、夏の北海道って何来ていけばいいのよ?って
色々意見はあるだろうけど、実際いろんな人を見てきて
3:7ぐらいの割合でメッシュジャケ:3シーズンジャケ
自分はメッシュなのでマイノリティですな。
ただどっち持ってきても、想定外の温度になった時にどう対処できるかが問題
自分の場合はメッシュ+mont-bell様のストームジャケットで大体OKでした。
旭川や美瑛あたりは案外暑くて、メッシュだけでよかったしね。
まぁ3シーズン買う余裕なかっただけですね(意訳)
(ストームジャケットはスキーウェアとして使うよ)
CIMG2064
まだ4時だが日も登ってきた。
下船準備開始ー(ノシ・ω・)ノシ
アナウンス「本日バイクのお客様は~最後の下船となります」
(´・ω・`)
CIMG2068
無事下船
転ばなかったよ
去年に引き続き2度目の北の大地やってきました。
ここまでですでに家を出てから28時間
長いね。
といいますか写真で見ても分かる通り、
めっちゃいい天気☆
今日はまっすぐ摩周湖を目指す予定だったけど、これなら晴れた美瑛見れるかな?
じゃあ美瑛に寄り道してから行こう!
maps3
はいはい
ただでさえきつい1日目の行程がさらにきつくなったよ!
まぁ前回の道北とは違って、半分ぐらいは高速道路使うから大丈夫でしょう・・・
小樽ICから道央道~道東道方面に向かいます。
で・・・・思ってたんだけど・・・今日は真東に向かいます。
そして現在朝の5時
そりゃあ朝日眩しいよね!
目がああああ目があああああ
もよりのPAでちょっと停車
CIMG2069
こんな事もあろうかとJINSサングラス!
これで眩しくないぜ。その効果は前回の朝練で体験済み
旭川までは約120kmほど。長めのコーナーと、ほぼ直進のみ
ところが・・・
札幌を抜けた途端
超霧
さっきまで晴天で眩しいくらいだったのに、前方の車どころか
太陽まで見えなくなるぐらいの濃霧!
さらに雨に撃たれているかのように体中が濡れていきます。
これが北海道のおそろしいところやで・・・・
寒さに震えつつもPAやSAも無いのでがんばる。
ただレインアンダー着てたので、下半身は濡れずに済んだのが幸い
ジーンズは乾きにくいし予備もないからね。
途中SAのガソリンスタンドがやってないことに気が付き、
一旦降りて給油と朝ごはんの買い出し
CIMG2070
いつもの安心セイコマート!
IMAG0368
ソフトカツゲン入ります!
ああ・・・・無果汁濃厚
CIMG2071
ついでにチェーンに軽く給油
今回携帯用のチェーンオイル持ってきた。2000km走るとからからだしね
その後高速道路を乗り継ぎ、一般道に降りて美瑛・富良野方面へ向かいます。
CIMG2072
だんだん北海道っぽくなってきたね。
CIMG2073
前回は9月だったので、もう刈り入れされた後だったけど、
今回は緑が青々としているシーズンだからね
素敵な風景に出会えそうだなぁ・・・・
町中を抜けて国道237号線(富良野国道)を南下していきます。
美瑛の入り口に到着
CIMG2076
ぜるぶの丘
到着ーー
前回緑色の液体を吐いて緊急停車した場所ですね(迷惑)
去年は曇ってたけど、今年は天気いいし、バイクも問題ないので精神的に安心して見れるね
CIMG2079
うぉー
ラベンダー満開じゃあーー
CIMG2081
園内はバギーで移動可能。乗らなかったけど。

CIMG2082

綺麗な丘が見えるね。
こりゃあ他の美瑛ポイントも要チェックや
CIMG2083
ひまわりーーーー
今回は早すぎて見れないかと思ったよ
こんなに群生しているとは・・・・観光地パネエ
さてさて色々ゆっくりして行きたいが、今日は大移動の日
ぜるぶの丘を出発して別のスポットへ向かいます。
パッチワークの道を気持よく流して行きます。
CIMG2084
この天気!
CIMG2087
この緑!
前回とはやっぱり違うねっ 初夏の晴れた美瑛は最高だ・・・
CIMG2089
親子の木が遠くに視えるね。
前回とは逆方向から見てるけど、こっちから見ると寄り添って幸せに見える。
親子幸せ大事ね
CIMG2091
セブンスターの木(裏道)
うまく写真が撮れたね。
良い青空と良い景色
こんな中走れるってライダーにとっては幸せ者だよ・・
CIMG2093
セブンスターの木(正面)
今日は観光客もいっぱいだ
CIMG2092
黒猫ちゃんも幸せそう
変えてきたマフラーも全然問題なくて、今年行ったメンテナンスのお陰ですこぶる調子いい
パッチワークの丘はいいね。
CIMG2094
走っては停まって眺めて、走っては停まって眺めてを繰り返してしまう。
それだけ惚れ惚れしてしまう景色
CIMG2096
ケンとメリーの木
今回は晴れた姿を見れました。
CIMG2097
手前の人と比較すると分かりやすいけど、結構な巨木です。
でも老木なんだって。
静かな余生を送らせてあげてくださいと書いてあった。
CIMG2100
隣の建物は何なんだろう?と気になって入って見ることに。
どうやらおいしそうな看板
IMAG0372
ラベンダーソフト!
かんぱーい(・ω・ノノ
うめぇ
この売店で食べものや飲み物をオーダーすると中庭に入れます。
ケンとメリーの資料と歴代のスカイラインがちょっと置いてあります。
CIMG2101
7台目R31スカイライン
GTS-Xだから限定車ではないっぽい、ただ今となっては珍しいね。
これを母体にした後続のR32スカイラインですら伝説の車だからね
CIMG2104
こちらはケンメリGTX2000
1972年~1977年まで製造していた4代目スカイライン
生まれる前の車だけど、昭和のクルマやバイクって本当芸術的だよね。
今の車やバイクのように前進丸々・△ではなくて
四角っぽい無骨の中に丸みがるという時代の粋
大事にしてもらいたいね
もうちょっとだけ美瑛を散策するんじゃぞ


2012/7/14~7/21
去年初めて北海道に上陸したわけですが
そこで経験したこれまでのツーリングには無い経験
「また行ってみたいね。」
とつぶやいていた。
日々忙しくしている中、先を見渡してもどうやら暇になることはなく
今後も忙しくなり続ける日常。
だったら今行けばいいじゃない
というわけで(ぇ
いろいろな人のご好意に甘え、今年も行って見ることに決めました。
またあの素晴らしいところに行ってみるよ!
比較的無計画で!
_, ._
(;゚ Д゚)
またかよ!
(宿は予約したけどね)
いやいやちょっとは考えてますよ(ちょっと?
今回の概要としては前回行けなかった道央~道東知床方面へ行ってみようと思います。
↓こんなかんじ?
maps2
道内の行程(だったらいいなぁ予定)
①日目 クッチャロ湖・摩周湖辺りを散策
②日目 開陽台・知床突貫
③日目 網走~美瑛(途中は適当か前後日程の調整)
④日目 美瑛・富良野祭り
⑤日目 富良野~小樽散策
前回に比べて一日多く、天気や気分で調整できるように3日目に調整を入れました。
全行程からすると出発から帰ってくるまでぴったり一週間
土曜日に出発して次の土曜日に帰ってくる感じ。
具体的にどこは走るかはあんま決めてない。
まぁその場で決めてもいいか(ぁ
それぐらい懐の深いところだもんね

でっぱつ(出発)当日

今回もフェリーで行くよ!
フェリー乗り場まで400kmあるけどね!
まぁ何度か走っているし大丈夫だろう
と自宅を出て最寄りのガソリンスタンドで給油していると
CIMG2037
雨降ってるよね???
結構な雨脚です。。。。
嫌な予感がしつつ念のため雨具を着る
高速に乗って常磐道を東京方面へ・・・って
バケツをひっくり返すどころかぶっかけられた様な大雨が!
うわあぁぁぁ・・・・
前が見えないYO!
車でも徐行してるYO!
危ないYO!
思わず守谷SAに避難・・・
まさかの50km制限とか
天気予報アプリで辺りを見てみると
全部真っ赤
FOOOOOO!テンションあがってきた!
とは言いつつも・・・どうしよう・・・・
凹んでると後ろからカワサキっぽい音が・・・
ZX-9Rの方も雨宿り。だがめっちゃ笑顔で(*´・ω・)b して出発していった。
うちもがんばるか!
とりあえずゆっくり行ってみよう  ヘ(・ω・_ヘ)
首都高~関越道に乗り、埼玉に入ると普通の雨になってきた。
高坂SAで一旦お休み
CIMG2040
びっしょ濡れ
だがしかし
こんな事もあろうかと新調していたmont-bellの防水バック
CIMG2039
豪雨の中、2時間走っても中の衣類は一滴も濡れてませんでした。
これはすばらごい
その後も雨は降ったりやんだりの状態。でも慣れてきた。
CIMG2043
上里SA(多分)
夜が明けてきた。
夜中の高速を雨の中走るのは精神的にきっつい。
十分寝たつもりが眠くなってきたので
CIMG2042
注入!
効くかな?
CIMG2041
あ パン焼いてるよ。
焼きたてのパンも食べたいけど、時間が無いので関越道をどんどん北上します。
その後雨も小振りになり、いつものペースを取り戻すも
すっかり冷えきった体で新潟入る頃には力尽き始める・・・・

みんな大好き 7時前に越後川口SAに到着
CIMG2044
あったかーいうどん
うまえ(ノシ・ω・)ノシ
温かいうどんで心を癒されつつ、休憩をはさみながらちょっとずつ北上
出港予定の1時間前 9:00頃
CIMG2045
新潟港フェリーターミナルに無事到着!
黒猫号がんばった!
CIMG2046
北海道上陸前にすっかりどろだらけ
着いて早々乗船時間になっていたので、手続きを済ませて車両甲板に乗船
CIMG2047
ローギアに入れてハンドルロック。
さらに縛って倒れないようにしてくれます。
CIMG2048
今日はやたらバイク多いな。
シーズンだね
CIMG2049
ロビー
今日の船は「らいらっく」だね。姉妹船の「ゆうかり」の場合もあるけど、
双子だから基本は全部一緒だね。ロビーのオブジェが違うぐらいしかわからん。
CIMG2050
プシュ!
( ゚д゚)ウメーィ
出港時アクアブルーなのは、CLASSICが売店でしか売ってないのと売店が激込みだからです。
自販機でもCLASSIC売ってくれないかなぁ
CIMG2052
出港の汽笛も後方甲板なら大丈夫!
前回はおみみが大変でした(´・ω・`)
CIMG2053
無事定刻出港
それでは北海道までくっちゃ寝しますかねー
CIMG2056
海上はいい天気
波も穏やかだ~
なんだったんだ昨日の大雨は
だがシーズンなのか三連休の最初の日なのか・・・
フェリー内が非常に混んでる。
ツーリストS寝台だけど、2F寝床だったしなぁ
中はがやがやしてたので、お外の後方甲板の日陰でまったり。
CIMG2060
気がついたら夕日が沈んでた。
さて夕食でも食べるかね・・・と思ったが
まさかのレストラン入るまで30m超の待ち行列
(大浴場まで並んでたよ)
( ゚д゚)どんだけ!?
まぁうちはコンビニ弁当買い込んでいるから問題なしだね☆
(節約です)
前回に比べて実感が追いつかないまま、いよいよ明日は北海道上陸
お風呂入って寝ます。
あ 結局ルート考えてないや
おやすみ~☆


2011/9/10~9/16
道内4日目~帰宅へ
2011/9/14
いよいよ旅の最終行程
旭川を抜けて一路小樽を目指します。
koutei8
とはいうもののずっと高速道路なので
写真を取ることもなく
延々と走るだけなんですけどね
旭川から小樽までは2時間ぐらいだったかな?
胃の中でまだ橙やのラーメンが泳いでるよぅ
札幌に入るともう都会
車の量も多いが一番気をつけてたこと
旭川出てくるときに気がついた
またラジエーターファン回ってないでやんの


ヽ(`Д´)ノ緑吐いたらだめ 絶対
こりゃあ家に帰るまで一般道禁止縛りですよ
そうこうしてる間に札幌を抜け、また道幅も交通量も少なくなってきた
磯の匂いが。
というわけで小樽到着~
あー北海道の行程がほぼ終わっちゃった(´・ω・`)
ちょっと走り足りないかなぁ
最終日は小樽のホテルに泊まるけど、その前に
CIMG1474
回転寿司の和楽


あんたさっきラーメン食べて限界だったやんとか
2時間走ってすこしだけ空いた隙間に
gohan6
生のさんまとえんがわとあら汁
さんまとろけるぁぁぁぁ
えんがわうまぃぃぃ
あら汁ほっとする(´・ω・`)
さてもうそろそろ夕方なので、ホテルにチェックイン。
今日は小樽グリーンホテルに宿泊
まぁ普通のちょっと古いビジネスホテルですね。安さが魅力です。
CIMG1475
VTRちゃんお疲れ様でした!
家まではまだあるからよろしくね!
というわけで小樽散策へ
CIMG1477
小樽といったらこの風景
今日は天気が良くてよかった。
日も暮れてきて良い感じだね
CIMG1478
運河沿いを歩きます。
CIMG1480
ここを歩くのは10年ぶりぐらいかな?
昔家族旅行で来てそれ以来だね
CIMG1481
中のお店には入ったことがない
ビール飲めるんだっけ?
CIMG1482
日がくれーる
とりあえずおみやげを買っておこうと思って市内の方にもどります。
CIMG1483
おお
風情があるねぇ
と思ったのもつかの間
夕方6時を過ぎた時点で一斉に閉まり始める商店街
まだおみやげ買ってないよ( ゚д゚)!
しまった・・・・すっかり都会時間に慣れちまってる・・・
CIMG1484
空いてるところもあるのね
適当におみやげ買った後は写真を取りながらブラついてみましょう
CIMG1486
「お父さん預かります」
干物屋さん
CIMG1487
びーどろ懐かしい
いやーお店屋さん倉庫を改築していて実にいい雰囲気
CIMG1489
とんぼ玉
和風美人とか素敵過ぎる。
やはり凛とした女性はかっこいいね!
CIMG1490
飲み屋さんが活気づいてる!
となれば!
CIMG1502
やっぱ飲むでしょ!
gohan7
一人ジンギスカン!
ヽ(`Д´)ノうめえ
そして札幌黒ラベル
このお肉生でも食べれるらしいよ
もー食えない・・・もー飲めない
食べ過ぎでふらふらになりつつ、お外へ
CIMG1492
小樽の夜は綺麗だなぁ
CIMG1501
というわけで最終観光日の本日も
ずいぶんとまぁ楽しみました。
やっぱり北海道は楽しい
これはぜひ来年も来よう。
小樽の夜はとても綺麗でした。
その後サッポロクラシックをコンビニで買って
ホテルで風呂入って飲んだ後
★撃沈☆

明けて2011/9/15
うぉはようございます・・・
なんか頭が痛いが気にしない。
原因はわかってる。
フェリーの出発時間まで時間があるので
朝の小樽散策しようとおもったけど
軒並みお店の開店時間=フェリーの出航時間という罠
CIMG1504
ちょっと綺麗な川があったので撮ってみた
いやー
北海道もう一週ぐらいしたい気分だなぁ
まぁ仕方がない。
あとはフェリー乗り場までいくだけだ。
CIMG1507
5分で到着!
この日の走行距離3km
お疲れ様でした。
(まだ朝の9時)
出発まで少々時間があるので
長い船の時間を過ごすため飲食物を調達
CIMG1506
セイコマートへ!
道内最後のセイコマート。
だいたい2食分+おやつ分ぐらい買っておきます。
このおにぎりうまかった(ノシ・ω・)ノシ
CIMG1508
続々と乗船準備
VTRくんもお疲れ様でした。
雨で汚れたり、ラジエータファン回らなかったりするけど
帰ったら洗車とメンテしてあげよう
CIMG1509
問題なく乗船
後方デッキから小樽の町が見渡せる~
CIMG1510
後方デッキはヘリポートも兼ねてるのね。
さてそろそろ出発だ
CIMG1511
また来るぞー北海道!
食っちゃ寝明けて
2011/9/16
AM6:00 新潟港到着
本当はゆっくり新潟~つくばまで
観光地をめぐって帰りたいけど
いつ緑色吐くかわからんので早々に高速道路で帰ります。
400kmはさすがに遠いと思ったけど
なんか幸せの余韻ってやつで案外早く着いてしまった。
PM12:30 無事に自宅に到着
CIMG1518
今回の走行距離 2,167km
平均燃費 24km/L(自己ベスト)

いやー
今までの旅の中ではトップクラスに楽しかった。
国内ではダントツ
また今度行きたいね
長々とこんなレポート見ていただいてありがとうございます。
行きたくなりました?
書いてる本人が一番行きたくなりましたわ!
(ノシ・ω・)ノシ ご閲覧おつかれさまでした。


2011/9/10~9/16
濃厚道内4日目

2011/9/14
まだまだあさひやま動物園を散策中
しろくま館を脱出してさらに山を登ります。
ん?
道の上にはしごが通されている。
なんぞと思って上も見ると
CIMG1435
レッサーパンダー!

CIMG1436
しっぽー!しっぽー!
にしてもここは普通の歩道の真上なんだよね。
レッサーパンダの習性をうまく利用してますね
お陰様で檻を越さずにめっちゃ近くで見れます。
CIMG1437
× はりせんぼん
○ ヤマアラシ
CIMG1438
エゾシカかな?
立派なツノですねー
こう 猛々しさを感じるね!

CIMG1439
そうそうこんな感じでっ
( ゚д゚)
(゚д゚)
このヘルメットを作ったのはだれだああああ
まさかのあさひやま動物園とSHOEIのコラボレーション
これは流行る
(流行れません)
CIMG1440
猛禽館
ワシが小さく見えるが実際はめっちゃでかいって
CIMG1443
お?
鶴だ!
CIMG1446
さすがに1m眼の前で見たのは初めて
CIMG1452
狐さんもこの距離感!
すごいなぁ
こんなの初めてだわ・・・
新しい爬虫類館ができたっぽいので入ってみる
なんかきゃーきゃー女性の声が聞こえるけど・・・
CIMG1447
マムシさん。
毒が怖いが展示されるとかわいいもんだ
CIMG1448
道の真上にはアオダイショウ様
う○こ注意って看板が☆
CIMG1449
アリゲータ
ちっこいけど3mぐらいあるのね。
ふいーちょっと休憩
CIMG1453
アイスうめえ
いちごそーすうめえ
体力かいふくヽ(`Д´)ノ
CIMG1454
きりーん
CIMG1456
ペリカンさん
CIMG1458
モンキー色々。
すげいなぁ あんな高いところでも平気なんだ
CIMG1459
CIMG1460
(゚д゚)
しっぽ長いなぁ
うお
これは珍しい
CIMG1461
オオカミ!
はじめてみたよ
カナダの動物園からはるばる来たみたい。
こうしてみるとわんこみたいだけど
HPとかの写真見るとやっぱり違うね。野生の顔してる。
いいねー
このまま近くの猛獣館を見てみるとしましょう
CIMG1463
君はよくわかない状況だけどヒョウくんだね
ヒョウの真下なんて初めて通ったよ
網目越しにもふもふが。
にしてもヤル気がない
寝とる。
CIMG1464
上にももう一匹
またしても寝とる。
これまた見事なヒョウ柄(当たり前)
CIMG1466
クロヒョウ
少しは起きたらどうかね
CIMG1468
こっちは起きてたライオンさん
なにやら遠吠えらしいことやってた
ライオンさんの吠える声はまじで迫力あるね。
まさしく弱肉強食の上の方だ。
CIMG1472
トラ様
これも近い。
とりあえずひと通り見て回ったかな?
旭山動物園は確かに他の動物園とは一線を画すところでした。
動物の習性をうまく利用して、近い所だったり、極力オリを無くしたり
いろんなところに工夫がありました。
広さで言ったら多摩動物公園とかの半分程度だろうけど
それでも予想以上に楽しめました。
ヘ(・ω・_ヘ)またくるじぇ
さてさて時間はお昼すぎ。
さすがにお腹がすいてきた。
ん?
京都のまげ様よりメール。
そういえば実家旭川だったね
なに?橙やとかいううまいラーメン屋さんがある
ははは
こやつめ
gohan5
食べるに決まっておるわ!
炙りチャーシューうまー
橙味噌うまー
ちょっと辛めのスープと麺がうまい
これは確かにうまかった。
旭山動物園から近いのでみなさんもぜひ。
ボリュームはかなりあるので相当おなかいっぱいになるが・・・
まだまだ食い倒れはここからだ!
さてここからはいよいよ小樽へ向かいます。
北海道での最終工程ですね
うーん!まだまだ走り足りないし、遊び足りない!
だが仕方がない!
小樽で食べるぞー!


2011/9/10~9/16
濃厚道内4日目

2011/9/14
まだまだ美瑛散策中
親子の木からちょっと離れた所にいくと
大きな駐車場が。
お さすが観光地
CIMG1395
セブンスターの木
うちらの年代ではもうこのパッケージじゃなかったと思うけど
なんだかどこかで見た木
死んだじいちゃんもセブンスター好きだったなぁ
CIMG1396
↑写真をとって後ろを振り向くと
CIMG1397
駐車場側
今日も雲が厚くて残念だね。
ぜひ晴れた日の美瑛に来てみたい
ん?
CIMG1400
蜘蛛の巣がいっぱい(´・ω・)
なんかきれいだ
セブンスターの木の横側を見ると
CIMG1398
おぅ
なんかよさそうな並木道
この並木道とセブンスターの木を並べて撮りたかったけど・・・
間のおみやげ屋さんがとてつもなく浮いてる
これは撮れないなぁ・・
CIMG1399
あまりに広すぎて奥行き感無いけど
本当にこの辺りはきれいだなぁ
さてさて
名残惜しいが今日はまだまだ走し、見たいところも目白押し
来年以降にまた来ることを誓って美瑛を後にする
CIMG1402
とても良かった!また来るよ美瑛!
さてさて
名残惜しいが美瑛を後にして、旭川に向かいます。
今日のキーワードは
「どうぶつえん」
そして
「食い倒れ」
まってろよーーー(何が・・)
っというわけで。
やって参りました。
CIMG1403
あさひやまどうぶつえん
言わずと知れた北海道のNo1有名動物園
水族館とか水族館とか水族館とか動物園が好きなわたくしにとっては
立派なツーリングスポットですよ!
さっそくフラミンゴいた!
CIMG1404
いや近いなおい
CIMG1405
お分かり頂けるだろうか・・・
オリの中を歩けるんだね
さすがに猛獣館は無理ですが。
フラミンゴや水鳥に癒されながら山側の建物にいくと
ペンギン館きた
CIMG1406
アーチ水槽
水族館では案外多いけど、この中にはペンギンしかいません。
ここからペンギンの泳ぐ姿がまるで飛んでるみたいに撮れます。
CIMG1407
こんな感じに!
一緒に泳ぎたい。
アーチ水槽を抜けると室内の飼育施設を見れます。
CIMG1408
(・ω・`) (・ω・`)?
↑の顔文字に見えた
CIMG1409
上に上がってみると何やら外は人まみれ
餌付けの時間らしい。そりゃあ混むわけだ。
CIMG1410
下にさっきのアーチ水槽が視えるね。
全部つながっているみたいです。
CIMG1413
水中を覗くとめっちゃ早いスピードで泳いでます。
CIMG1414
餌の時間に荒ぶってきた!
CIMG1415
そろそろだろうか。
CIMG1416
そして餌付け開始。
いっぱい食べろっ!
と思ったら
通路が通れないぐらいの人まみれ状態に!
(´・ω・`)窒息するぜよ
とりあえずずこずこと退散。
おとなりのアザラシ館へ
ここはもう有名ですね。
CIMG1417
ぶれまくり
フラッシュ使えないもんでシャッター速度が遅いのです。
CIMG1419
チューブの中をふよふよ通り抜けるのがもうかわいい
ああ・・・・
CIMG1420
おなかぷにぷにしたい
(怒られます)
CIMG1421
ふにょーん
(*・ω・*)
と思ったのもつかの間。
さっきのペンギン館の餌付けが終わったらしく
なだれ込んでくる人波
(´・ω・)ふぉー
もうちょっと見たかった
CIMG1422
上から見るとこんな感じ。
お?
次はしろくま館だね
CIMG1423
くまー
って近いなおい
CIMG1424
ん?
こっちでも餌の時間か。
CIMG1427
寝てない白熊を動物園で見たのは初めてかも
餌付けの時間まで15分以上あるんだが
すでに通路は通れないぐらいの人集り。
とりあえず埋もれる前に2Fまで登ります。
CIMG1429
/またせたな\
待ってない。君なぜ白熊館にいる。
CIMG1430
ここはなんだろう。
順番を待って下から入ってみると
CIMG1432
目の前にくまさん・・・・
これは面白い。
いやーーー
人は多いが楽しいぞー

このページのトップヘ