R CastOff ~( ・ω・)~ 猫屋敷

バイクに乗ってまったりしているブログです。 更新はかなーり不定期ですけど、ごゆるりと。

タグ:ツーリング

VTR1000F エアクリーナー交換
2014年1月10日ぐらい
大阪ツーリングに行く前に、最近マフラーからのアフターファイヤーがしてたので
そろそろエアクリーナーでも交換しようかなと思い立って
一応ディーラーで見てもらったけど自分で見たことはなかったな
えーっと 5年20000kmぐらい変えてないかも。(ぇ
つまり買ってから一度も変えてない。
DSCF0130
タンクの前部分のボルト2本を外します。
DSCF0131
持ち上がります。
本当はタンク後方のボルトやチューブ類を外したほうがやりやすいです。
めんどくさいのでこのままいきます。
エアクリーナーカバーをはがします。
ゴム製のインシュレーターが鉄のように固くなってて苦戦
DSCF0132
むりやりはがします。
写真の豚鼻インシュレーターとカバー周りのパッキンは次交換かな。
DSCF0133
エアクリーナーとご対面。
うーん汚れてますねぇ
だがこいつは真のボスじゃなかった
エアクリーナー本体をはがしてみます。
DSCF0134
・・・・・・(汗)
DSCF0136
サブエアクリーナー様が朽ち果てておる!
DSCF0137
もう一個のほうも!
もう油を吸ってて、元のスポンジではなく
触った感じは
ボロボロぐちゃぐちゃのねちゃねちゃ
いやんな感触
ディーラーさんはこのあたり見なかったのだろうか・・・
DSCF0140
パーツクリーナーを染み込ませたウェスで取り除きます。
細かいところはドライバーでほじほじ
10分ぐらいやってようやく綺麗になった。
DSCF0138
新旧比較。まぁそれなりに汚れてましたね。
根詰まりもなくなるので少しは良くなるかな?
問題はサブエアクリーナー様
DSCF0139
もう原型ねぇし!
もとは白かったのね。
DSCF0143
装着っ
DSCF0146
ぴかぴかねー
これで狂った燃調もよくなるでしょう。
やはり定期的に自分で見ないとだめだね。

さぁ体力はとっくの昔になくなってますが
ブレーキとキャリパーやっただけで3日も掛かっちゃってますからな。
どんどんいこう。
クラッチマスターとレリーズを外して行きます。
DSCF0781
まずはクラッチマスターを取ります。
クラッチマスターはお漏らしさんなので、ピストン交換ですね。
DSCF0782
クラッチホースがいろいろかいくぐっているので
一個ずつ外していきます。
DSCF0784
レリーズ側もホースを外します。
DSCF0783
残ったフルードを抜いてホースも外します。
フルードは塗装はがすので気を付けて
DSCF0786
とれーた。意外と長いね。
DSCF0789
レリーズも外します。
DSCF0790
レリーズ外しました。この棒を押し込むことでクラッチ切るのね。
DSCF0791
レリーズ自体の動きはスムーズ?若干鈍いかも
では庭でOH開始ー
DSCF0792
お漏らしのブーツ。まずはマスターシリンダーから分解しましょう
DSCF0794
レバーを外すたあと。うーんやっぱりしっとりフルード漏れてたね
DSCF0795
ピストン押す棒をはがすとこんな感じ。
またスナップリング・・・これがまた固い
DSCF0797
全部バラバラにしてみました。
さっそくパーツクリーナーの餌食になります。
DSCF0798
いやークリアだね!
DSCF0800
ピストンもぴかぴかに。
この黒いゴムの部分は後から自分で組むのですが
すっごい入れにくい。で。このゴムを傷つけたりするとASSYで交換になります。
なんたる
DSCF0801
ピストンを組んでいきます。
押さえるスナップリングも新品に。
DSCF0802
こんな感じに。
まぁ間違えるところはなさそうです。
組めるようになってます。
DSCF0805
おー。新品みたいだ。
DSCF0806
マスターシリンダーのゴムも新品に。
NISSINの刻印がかっこいいねー
いったんマスターシリンダーのOHは完了。続いてレリーズのOHやるよー
DSCF0807
うーん。きちゃないね。
DSCF0809
パーツクリーナーでとりあえず洗浄
あとピストンを分解していきます。
DSCF0810
ゴムとスプリングパーツも交換するよ。

DSCF0811
クラッチ側にあたる部分のゴムが鉄のように固くなってた
ハマっているだけなのにペンチでがりがりやっても取れなかったよ
DSCF0812
新しいものを埋め込む。ちゃこっと入るよ
DSCF0813
新しいスプリングとゴムシールを組み付けます。
あとで気づいて直してますがシールの向き逆ですねぇ
DSCF0814
ちゃこっとね。すっごいスムーズになってます。
DSCF0815
これでクラッチマスターとレリーズのOH完了
さぁーーー組み付けだあああ(死)


2012年12月8日
先日の山形ツーリングにて
ながーーーーい帰り道の途中
2012-10-13 19.19.36-1
黒猫号40,000km突破!
*.・。○◎*☆(*・ω・)ノ☆うわっっほーい
いやー結構走ってますが、10万kmまではまだまだですね。
これからもよろしくお願いしまっす。
ただ・・・・2012年の北海道ツーリングの時から思ってたけど・・・
2012-12-08 10.
タイヤの真ん中がなかなか減っている事実。
指でなぞるとほとんど台形
去年から今年にかけて北海道二回行ってるしなぁ・・・
考えてみたら5000kmはほぼまっすぐだったしね
日記を見てみると今回のピレリ DIABLO STRADAを装着したのは3年半前
大体11000km走行している感じ。
2012-12-08 10.51.47
前のタイヤはこんな感じ。
まだ大丈夫だとは思うけど、北海道での偏磨耗も気になるし、
来年も他にいろいろメンテナンスしたいので
早めにタイヤ交換することに。
年末ボーナス商戦で安売りしている南海部品へ。
いろんなメーカー・モデルもあって悩んだけど
sportmax_roadsmart_ii
DUNLOP ROAD SMART II
やはりツーリングがメインなので、耐摩耗性と安定性、寿命が長いタイヤに。
3分割マルチプルトレッド構造とかなんだかすごいこと書いてあるが
ほらセットで安かったし
2012-12-08 11.06.21
さっそく釣り上げられる黒猫号
それでもディアブロさんよりは若干高めだったね。
加えてオイル交換も依頼。こちらはいつものモチュール3100
待つこと1時間
2012-12-08 13.09.05
おぅぅ
2012-12-08 13.09.16
すげえタイヤが丸い!(ぇ
新品タイヤは本当にうれしいね。バイクが新品になったみたいな気がするよ
さっそく実家まで10kmほど自走
まっがる!
簡単に荷重入れただけですっこんすっこん曲がる。
まるでピュアスポーツタイヤ。
さすがダンロップさんやでーー
2012-12-08 14.35.14
嬉しくなって実家で洗車。
タイヤが綺麗になって気がついたのがチェーンの汚れ。
考えてみたら
丸三年まともに洗ってなかった気がする。
給油はしてたけどね・・・
師走の忙しさに流されてなかなか手がつかず、
2013年、年が明けて心機一転チェーンを洗うことに
チェーンカバーを外すと・・・・・
2013-01-05 10.46.25
/\___/ヽ ヽ
/ ::::::::::::::::\ つ
. | ,,-‐‐ ‐‐-、 .:::| わ
| 、_(o)_,: _(o)_, :::|ぁぁ
. | ::< .::|あぁ
\ /( [三] )ヽ ::/ああ
/`ー‐--‐‐―´\ぁあ
古いチェーンオイルが溜まってひどい汚れだ
2013-01-05 10.46.45
LAVENチェーンクリーナーとSUPERZOILのチェーンオイルで戦う!
ああもうSUPER ZOIL信者になりつつあるなぁ・・・
H4バルブは、ガラクタ置き場から出てきたので気分転換で白くすることに。
2013-01-05 11.05.53
チェーンオイルをぶっかけながらブラッシングすると
流れ出る真っ黒な油汚れ
だがチェーンは金属色を取り戻してきた。
2013-01-05 11.06.01
スプロケ周りもぶっかける。
おお だいぶ綺麗になった。
ただ
まさかのLAVEN様1缶使いきる
2013-01-05 11.19.22
おかげでめっちゃ綺麗になった。
ここからはゆっくり回しながらSUPER ZOILを給油していく。
2013-01-05 11.19.29
とりあず全部完了。
コマのズレもないし、スプロケもまだ山がある。
近々での交換は必要ないかな。
ちょっとずーつ綺麗になっていく黒猫号。また遠くに連れてってね。
お ま け
2013-01-05 11.27.43
バルブをつけようとしたら爪が2本曲がってた・・・
これってH4Rの人がH4バルブ入れるときに曲げる有名なまげかた
ってことはCBR250RRに乗ってたときにつけようとしたやつだから
えーっと
6年熟成物だね!
光ったからよし!


VTR1000Fがやってきてからだいたい三年経ちました。
納車した時に1年ぐらい車検が余ってて
前回は八王子の陸運局に自分で持って行って通したんだよね。
それから2年経って今年4月、二回目の車検の時期が来ました。
前回と同じように陸運局に持って行ってもいいんだけど。
めんどくさくてさぁ( ゚д゚)
ウソデスハンブン
去年の2500km超の北海道ツーリングで
緑色の液体吐いたりしてたときに
思ってたけど
車齢も10年に近づいてることもあり、
メンテナンスしておきたいことが溜まってるのよね
なにより
また北海道に行きたいからね
というわけで今回はディーラーに全面的にお願いしました。
技術の方とご相談した結果、足回りを中心に以下のことをやります。
1.車検整備

これも定期点検込ですので、各部の増し締めと給油とかをやってもらいます。
HONDAの場合は80数項目だっけかな
そのままディーラー車検してもらいます。
前回は自分で作ったけどチェックシートはこんな感じに↓
IMAG0215
だいたいOKだね。
詳細項目に書いてあるのは以下で。
2.ホイールベアリング交換
IMAG0199
フロントのホイールベアリングと
IMAG0201
リアのホイールベアリング。
なんとなく取り回しする時に車体が重い!
またがった状態で車体をバックさせようとするとまったく動かない
キャリパーの固着も疑ったけど
走行距離も36000kmを超えてたのでホイールベアリング交換をしてみた。
ホイールベアリングが破裂したら命に関わるからね・・・
キャリパはまた今度だね。
3.ステムベアリング交換
IMAG0200
これは北海道ではなくて、近所走ってた時に気がついた
なんとなく車体を倒した時にカコって突っかかりがある感じ。
ステムベアリングもおそらく一度も交換されていないっぽいなぁ
というわけでこちらも交換
ちなみに交換にはハンドル・トップブリッジ(黒い部分)・フォーク全部外す必要があります。
めんどくさいだろぅ~
4.サーモスタット交換
IMAG0202
店員さんと実車確認している時に
クーラント
「漏れてますね~」
(´・ω・`)バレタ
てっきりホースかなぁとか思ったけど、どうやらサーモスタッドごと交換が必要らしい
で↑の写真は交換後のお話なんだけど・・・・
どこを交換したのかさっぱりわからんね
漏れが泊まったのでよしとしよう
あとクーラントホースも一部新品に。
IMAG0204
ゴム類は新品だと安心できるね。
ゴムといえば
写真はないけどクラッチマスターシリンダーのブーツ(ゴム)を変えてます。
まぁ100円ぐらいの部品だけど。
だいたいこんな感じで整備してもらいました。
そうそう・・
八王子の時は何も言われなかったんだけど
シート後方にベルトがないのが指摘されました。
IMAG0203
適当にあまったカバンのベルトをつけてOK
うーん。輸入車は無くてもOKとか聞いたんだけどなぁ
んで気になるお値段ですが。
IMAG0212
※あくまで参考値です。
車検費用込で10万ぐらい。
まぁ内容が内容だしね。
自分でやったら土日両日使っても1ヶ月ぐらい車体宙吊りだわ・・・
車体を2週間ほど預けている間に
ちょっとした小物を用意したよ。
VTR1000Fは、ツアラーとSSの中間辺りのような位置づけ(?)なのか
ツーリングする上で荷物をあまり載せれません。
どちらかというとスペースというより
紐でひっかける場所が少ないといったほうがいいかな
IMAG0206
車体左側のシート下にこんな感じにカラビナつけてます。
これがまた
超便利
これのおかげで後方シートに色々縛れるのさ
だけど反対側にはなかったので
引っ掛ける所を増設して・・・・
一般的なバイク並程度に載せられるようにします。
買ってきたのは↓の道具
IMAG0205
2つで1000円もしないよ。
シートレールにワイヤーを絡めて
先端にカラビナをつけるだけ。
IMAG0207
うむ簡単。
本当はカウルが削れないようにワイヤーをゴムで覆ったり
保護シートつけたほうがいいんだろうけど。
もうすでにぼろいからな
IMAG0208
閉めるとこんな感じ。
どちらのカラビナも使わないときはシート下に収納できるよ
これでVTR1000Fのツーリング性能が倍になります。(過大表現)
あとはナンバープレートのボルトに市販の引っ掛けるやつ付ければ
普通のツーリングバイクとして使えるね。
うむ
これで今年も北海道行けるかなぁ
おまけ
IMAG0216
600円!
効果? プラシーボ!!


2011年1月10日
2010年もあまりツーリングには行けなかったけど、
普段長距離に出かけないので、たまにツーリングすると
やっぱりいくつかの部分が気になった
手首い た い(切実)
100kmも走るとクラッチ握れないほどぷるぷるするよ
((((´・ω・`)))
2001年以降のVTR1000F後期型は純正ハンドルが前期モデルより若干上がっているとはいえ
ポジションがキツメのようです。
やっぱりスポーツ寄りのツアラーなんだね~
ハンドルスペーサとかも出てるみたいですが
ここはどんとハリケーンのセパレートハンドルでも入れてみますかね。
どうやらかなり効果があるみたいですし。
高いけど
2人の諭吉様が飛び立ちました。
はっはっは。
買うまでに悩み苦しみ半年もかかったぜ・・・
CIMG0947
ハリケーンジェラルミンセパレートハンドル様
エンド位置で40mmUPになります。
(交換後に撮ったから箱の中に純正ハンドル入れてます。)
穴も空いてるから特に加工は必要ないですね。
さすが専用設計
CIMG0943
純正のハンドル。黒いね。
SSに比べたら角度も位置も浅いと思うよ。
ちょっと気になってグリップを外します。
CIMG0946
むぅ
結構すり減ってるなぁ・・・
これはグリップも交換かな~
いっそこれも交換しようか
(ハンドルで財布のライフはゼロよ)
グリップは置いといて
フォーク部分を緩めてハンドルをとります。
CIMG0945
とったら入れるだけ。
そして元と同じようにスイッチ類を取り付け。
そうそうちょっと前にETCも入れました。
カウルの上に両面テープで貼りつけてる
だけという漢仕様
(ちゃんとショップでやってもらってこの仕様)
ちゃんと動くし、風で取れませんよ。
CIMG0948
半分完成
CIMG0950
ハンドル部分にはハンドルクリップがあるのでマイナスドライバでこじると取れます。
これ取らないとハンドル取れません
なんかごちゃごちゃしてた。
変に曲げたせいでスイッチ部分を壊さないように・・・
CIMG0951
こっちもとーれた
とりあえずあとは同じように取り付けるだけですが
やっぱりグリップを入れたいということで
しばし放置してお買い物へ。
南海部品遠い(´・ω・`)
KC3V0006
懐かしのエイプと同じグリップ+グリップエンド
まだ売っててよかった。
これが一番手に馴染みます。
KC3V0007
ちょっとは乗りやすくなったかな?
このあと桜土浦インターから八王子(約120km)まで走ってみたけど
ぜんっぜん手首が痛くならない。
(相変わらず振動でしびれるけど)
おおこれはロングツーリングにはかなりいいかも!
高かったけどね(´・ω・`)


落札から間もなく出品者から連絡が入る
結構有名なお店が出品であるので個人売買ではない
でないとローンとかむずかしいしね。
必要な書類を送付して手続きを進めてもらう。
納車の日は翌週の休みにした。
納車当日
必要書類や地図をまとめてかばんに入れ電車で神奈川県某市へ
指定工場があるらしく工場での引渡しらしい
SN3E0087
工場以外ありません
めちゃくちゃ工場地帯じゃないですか・・・
メールでやり取りしてた本社がGWで休みになってしまったので今日納車のことが
工場まで伝わってなかった。
洗車してくれるとのことなので待つ事に。
奥から運び出された車体
SN3E0089
ご対面
でけえ
くろい
(当たり前です)
納車の説明を聞き整備したポイントも聞いておく、特に今すぐ変えなきゃいけないところはないようだ
それにしてもこんなバイク乗りこなせるんだろうか・・・
SN3E0096
後期モデルには盗難防止装置 H・I・S・Sも搭載
メーターが280kmスケール
つかいません タブン
2万8千ほど走ってるけど走行距離は特に気にしてない。参考情報
とりあえず自宅の八王子まで50km
慣らし運転もかねてドライブ
速い
速い 速いよ君
気分的に60kmだと思っても実際には80km出てしまうスピード
鬼のように加速するエンジンだが車体は軽い
CBR250RRに乗ってるみたいだ
これはおもしろい
若干車体を倒して曲がってみたけどスムーズに倒れる、思ったよりも乗れる気がする
途中コンビニで休憩中いろいろ写真を撮ってみる。
SN3E0091
ラジアルマウントではないけどふつうのダブルディスク
方々言われてるタッチがどうのこうのは気にならない(違いのわからない人間なんで)
十分止まります。
SN3E0090
モリワキのバックステップ(前のオーナーさんかな)
このおかげで純正のステップ位置がわからない
ポジションも若干きつめになってる・・・のかな
家まで乗ったら慣れました
SN3E0092
ミシュラン Pilot Power 2CT(前後)
多分自分じゃ入れないだろう超スポーツ向けタイヤ
前のオーナーさんは飛ばし屋さんか
でも真ん中しか減ってない
考えてみたらバイクでは初めてのミシュランだなぁ・・・
このパターンが好きってひとは多いらしい
SN3E0093

さすがに無傷ってわけではないけど色が色だけにあまり目立たない
この色はスプレーも売ってないだろうなぁ・・
SN3E0095
やはり後姿はかっこいい
SN3E0094
これからもよろしくね
壊れるなよ~

このページのトップヘ